ハタハタの塩焼き&バター焼き

“喰っちゃあいかんのか?” へようこそ!

今日の食材は 「ハタハタ」です。
ハタハタはスズキ目ハタハタ科ハタハタ属の魚。

たまには、シンプルな加熱調理をしてみよう。
今日は、塩焼き&バター焼きです。

今回は、買った時の写真撮り忘れ。
10匹入って、300円の半額で150円です。

1匹15円ですな。
まあぁ~お安いこと♡

さて、下ごしらえ開始です。
まずは、ハタハタをよく洗います。

ちなみに、ハタハタにはウロコがありません。
よって、ウロコを取る必要はありません。

でも、ヌメリは取りましょう。
いや、取らなくても問題無いのかもしれない。

しかし、本能的にヌメリを落とします。

頭はとげとげしいので注意しましょう。
さあ、続いて内蔵を出します。

つぼ抜きしてみましたよ。
割り箸を突っ込んでぐりぐり回します。

そして、エラごと引きちぎって内臓をくり抜く。

まあぁ!なんということでしょう!
内臓がきれいに抜けますぅ~

が、時に失敗しますぅ~
ちなみに、卵巣や精巣は抜けませぬぅ~

ってことで下ごしらえ完了。

塩焼きは、塩を振って焼くのみ。
魚焼きグリルの出番じゃ。

一般家庭だからね。

さ、焼き上がりだ。
ふんっ!

さて、バター焼き。
事前にハタハタに塩を振っておきます。

フライパンを加熱しサラダ油を入れ、にんにくを入れたら軽く炒めますよ。

香りが出てきたら、ハタハタを投入!

軽く焦げ目が付いたら、少し水を入れ蒸焼きに。

加熱が完了したら、ふたを取り水分を飛ばします。
最後にバターを溶かし入れ、全体に回ったら完成。

ああぁ・・・
せっかくつぼ抜きしても型崩れ・・・チャンチャンっと。

さあ、それでは頂きましょうかね?
まずは塩焼き。

いっただっきもぁ~す!
もんぐもんぐ・・・・もんぐ・・・

んまいっ!

よく干物になったものを見かけますが、あえて干物にする必要は無いね。

ただ、お子ちゃま向きではないな。
鰭まわりの骨がね。

「骨がぁ~骨がぁ~
ぼくぅ~骨がある魚は食べられないよぉ~~~」

はっきり言おう!
喰わんでよろしいっ!

ウキッ!

さて、バター焼き。

いっただっきもぁ~す!
もんぐもんぐ・・・・もんぐ・・・

ん、おいちい。

これまた、コクがあっておいちい。
ただ、ちとくどい。

油の問題か?
バターと油の量は控えめが良いかもね。

もしくは、なんらかの酸味を付加か?

んごっ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です