アイナメのセゴシ

”喰っちゃあいかんのか?” へようこそ!

今日の食材は 「アイナメ」です。
アイナメはスズキ目アイナメ科アイナメ属の魚。

アイナメと言っても画像のように幼魚です。
こんなものまで漁獲し、販売するなんてはっきり言って終わっている。

ただ、その地域にそれを珍重する文化があるなら話は別だが・・・
とてもそう思えない。

しかし、漁獲してしまったものは喰うしかないね。
こんなものが300円で販売されている。

まあ、いつものように半額で購入するので150円だ!
そのパッケージには「唐揚げに」のシールが貼られていた。

こんな小さなアイナメは唐揚ぐらいしか提案できなんわな。
もっとも、日頃から特に何も提案されてませんがね。

さて、小さい魚の生食スタイルの定番・・・それはセゴシ。
下ごしらえをして、ぶつ切りにして完了!

早速、ウロコをおとして行きます。
シュリシュリ・・

そして、きれいに洗う。

その後、頭を落とします。

そして、おなかまわりをきれいにして、最後にまたきれいに洗い下ごしらえは完了です。

あとは、それを適当な大きさで切って行きます。
いわゆるブツ切りですな。

今回は、醤油と梅酢を上からかけてかき混ぜてみました。

そ、それでは早速・・・・

いっただっきもぁ~す!
もんぐもんぐ・・・もんぐ・・・・

おいちい。

小さいながらも脂が感じられ、思った以上においちい。

んごっ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です