スーパーで買ったホウボウの造り

“喰っちゃあいかんのか?” へようこそ!

今日の食材は 「ホウボウ」です。
ホウボウはスズキ目ホウボウ科ホウボウ属の魚。

知っていますか?
ホウボウ。

胸鰭がビロ~んと長く、かつ広い。
まるでウチワのよう。

そして、その顔はイケメンではない。
しかし、愛嬌のある顔だ。

そして、海の底を歩きまわる為の足?があります。
この細長いヤツですね。

しかしまぁ~このホウボウ、結構高い魚なのだ。
だからめったに買わない。

また、岸からではあんまり釣れないので釣ったことも無い。
個人的には買うしか調達手段が無いのだ。

そんな中、580円の半額290円のシロモノを発見。
ただし、調理済みシールが・・・・

サイズは35cmくらいかな?
まあ、十分買いでしょう?

で、さっそく購入。
鮮度は信じるしかなかろう。

で、ではさっそく解体じゃ。
エラおよび内臓はすでに処理されている。

ウロコは100%な状態ではないので多少フォローが必要。
そして、頭を落とします。

その後、内臓の内側をきれいに洗います。

普通の鮮度は維持している模様。
3枚におろし、腹骨の部分をすきます。

 

そして皮引き。

皮はしっかりしています。
皮引きの途中で皮が切れてしまうことはなさそう。

そして、体側の骨をすきとれば、サク取り完了。

その後、やや薄めに切りつけ皿に盛ります。

はひぃ~でけたど。
旨そうじゃ。

それではいただきまちゅ~
今回はお子ちゃま風です。

ほう、程よい歯ごたえをもち白身魚ならではの旨みを感じます。
そして、頭などのアラはから揚げにします。

骨をかわしながら頂きます。
ほうほう・・これも旨いでち。

290円の元は十分とれまちた。
それではまた。

んごっ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です