スーパーで買ったカイワリの造り

“喰っちゃあいかんのか?” へようこそ!

今日の食材は 「カイワリ」です。
カイワリはスズキ目アジ科カイワリ属の魚。

市場に出回る魚の名前は地方名である場合が結構ありますな。
今回の表示は「めっきあじ」。

我々釣り人的には、ロウニンアジやギンガメアジの幼魚をメッキとは呼ぶが・・・・
恐らく名前が分からんかったんじゃあないかい?

ちなみにこのカイワリ、高知ではベイケンと呼ばれる。
まあ、だから何ってとこですか?

表示には「焼魚に」とある。
確かに焼き魚も旨いね。

ちなみに、生食用の魚には”生食用”等「生食できる旨」を記さなければなりません。
これは食品衛生法に定められています。

だぁ~かぁ~らぁ~・・・
「生食できる旨」の表示の無い魚を生食するのは自己責任って事ですな。

しかし、やっぱり生食ですがね。
それがおいらの生きる道。

マネする人は自己責任じゃぞ。
分かったかい?

今回も元気に半額ハンティング?
っていうか、おいらが回遊する時間がそういう時間帯なんです。

で、3匹入って125円。
1匹42円程度。

ん~しかしカイワリも知らんとは・・・・
さて、多くのアジの仲間には「ゼンゴ(ゼイゴ)」と呼ばれる体側後半の中央部を走る硬いウロコがある。

これをそぎ落とさないと調理はしにくい。
よって、まずはこの部分をそぎ落とします。

その後、普通に周辺のウロコを落として、頭おとして内臓部分を取り出しよく洗います。

3枚におろし、皮を引きます。

 

皮は思ったより丈夫なようで、途中で切れてしまうようなことはありません。
もちろん、異常にヘタクソがやればこの限りではありません。

そりゃあそうじゃ。
通常はここから体側を走る骨をそぎ落とすのですが、固体も小さく少量なのでそのまま切りつけます。

皿に盛れば完成です。
さて、それではさっそく頂きましょうか?

もんぐもんぐ・・・・もんぐもんぐ・・・・・
ん、ややクセがあります。

どんなクセかって言うと、やや鮮の落ちた魚の味。
ん?それって単に魚の鮮度が悪いってことなんじゃあ?

いやいや・・・前向きに考えて鮮度の落ちやすい魚って感じですか?
いや、魚自体がそういう味わいなのかも。

味覚以外は言うほ悪い状態ではないが「新鮮」とはいえない状態。
やはり、身肉の鮮度が落ちやすいのかも知れないね。

でも、そんなに悪い味ではない。
そして、別にお腹を下したりもしませんでしたぜ。

んごっ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です