オアカムロの刺身

”喰っちゃあいかんのか?” へようこそ!

今日の食材は 「オアカムロ」です。
オアカムロはスズキ目アジ科ムロアジ属の魚。

オアカムロはやや外洋を好むアジです。
内湾には生息していません。

漁獲量はそんなに多くはないらしい。
今回購入したものは1匹128円。

目は白く、抜群の鮮度ではないことは見た目で分かる。

生食が可能かどうか?
ここがポイント。

一応、刺身用の表示はある。
その従業員のレベルにもよるでしょうが。

さて、このオアカムロ。
名前のように尾が赤い。

それが特徴。
高知でも見かけましたが、購入するのは今回が初めて。

ああ・・・・初体験・・・・
恥ずかぴ~

んごっ!

旨いのかな?
さあ、下ごしらえだ。

ウロコを落として、頭を落とす。

腹を開いて内臓を出し、良く洗う。
内臓回りは一応傷んではいない。

3枚におろし・・・

腹骨をそぎ落とします。

そして、皮をはぐ。
そう、剥ぐんです、メリメリと。

皮と身の間に脂がのっているようですな。
今回は体側の骨は骨抜きで抜きましたよ。

そして、切りつけ。
なかなか肉厚な感じです。

皿に盛り、ワサビを添えたら完成。

それではさっそく・・・・
いっただっきもぁ~す!

もんぐもんぐ・・もんぐ・・・
うんむ、脂がのっている。

が、あっさりしている。
味わいは薄いが、脂がある。

脂の味わいも淡いって感じですかね。
ネギだのシソだの刻んで和えた方が旨いかも。

ウキッ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です