チカの塩焼き

“喰っちゃあいかんのか?” へようこそ!

今日の食材は 「チカ」です。
チカはキュウリウオ目キュウリウオ科ワカサギ属の魚。

かわいい名前です。

チカちゃん。
見た目はワカサギか?と思ってしまうこの風体。

分類的には同じキュウリウオ科ワカサギ属だ。
さすがのおいらも生食はしない。

さて、どうやって喰うかな?
たまには素朴に塩焼きにしませう。

ウロコ?
めんどくさい・・・ほっとこ。

えら?
めんどくさい・・・ほっとこ。

内臓?
めんどくさい・・・ほっとこ。

適当に塩振って焼くだ。
今回は焼き網を使用。

なんだか身がやわらかい魚だね。
ヤバイか?

まあいいや。
こんがり焼こう。

さて、ひっくり返してっと。
あら?なかなか焼けないねぇ。

じっと我慢じゃ。
さて、ひっくり返してっと。

あら?くっついてるじゃん。
あら?ぼろぼろになるじゃん。

東京弁風?
身に水分が多いのか?身崩れが激しい。

焼く場合、一夜干しなどにした方がいいかもしれん。
もしくは、串を使用した焼き方。

さて、何とか2匹だけその姿を保ったまま焼きあがった。
うぃ~

さっそく頂くだ。
もんぐもんぐ・・・もんぐ・・・

いや、まあ、普通だ。
産卵期なのか若干の卵を感じますが、目一杯詰まっている感じではアリマセン。

お味は・・・ワカサギの方が旨いと言っておきましょう。

ウキッ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です