メカジキの刺身

“喰っちゃあいかんのか?” へようこそ!

今日の食材は 「メカジキ」です。
メカジキはスズキ目メカジキ科メカジキ属の魚。

今回はメカジキです。
一般的なカジキはマカジキ科に属しますが、このメカジキは単独の分類なのです。

1科1属1種。
そう、あなただけ・・・・状態。

一番大きな特徴は腹鰭が無いことでしょうか。
他のカジキには腹鰭が存在するのだ。

このメカジキ、以前水銀問題で騒がれましたね?
何?知らない?

ここ。
http://www.mhlw.go.jp/shingi/2003/06/s0603-3.html

さて、今回のメカジキ。
生食用とも加熱用とも書いていない。

まあ、喰えるでしょ?
ってことで、生食してみた。

念のため、雑菌を減少させる為流水で洗い水分を良く拭き取る。
そして、適当に切りつけ早速頂く。

 

もぐもぐ・・・脂がのっている。
が、風味が無い。

不思議な感覚だ。
ま、部位にもよるのでしょうがね。

このままではイケテナイな。
少し加熱するかい?

フライパンで表面をわずかに焦がし、刻んだシソ&2杯酢と和える。

では再び・・・もぐもぐ・・・

まあ、旨いんじゃない?
何かひと手間加えるのが良いよう。

んごっ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です