イスズミの塩焼き

イズズミの塩焼き.jpg イスズミ (2).JPG
喰っちゃあいかんのか? へようこそ!
今日の食材は 「イスズミ」です。
磯釣りでは外道とよばれる存在。
HITして、イスズミと分かった瞬間。
なんだイスズミかよ。
って感じ・・・・らしい。
しかも、標準和名のイスズミをイズスミとか呼んだりする。
さっぱり理由がわからん。
ま、普通に呼ぶのは何かヤダって感じでしょうか?
関西ではイサキをイサギってよぶし。
他にも色々ありますが、濁点の位置がかわるだけってのはこの2種かな?
さてこのイスズミ、外洋に面した波止場などでは、小型のものが釣れたりします。
今回のイスズミは高知のとある港で釣ったものです。
かわいいでしょ?
イスズミ (1).JPG
イスズミはきちんと処理をして持ちかえらないと臭いじゃなんだとの記述が多い。
一応、それにならって現地でキレイに処理して持ち帰り。
イスズミ (4).JPG
イスズミの下処理時の特徴は、ウロコが硬い?
なにせびっちりくっついていてはがしにくい。
大型のものなら削ぎ落とした方がいいかもしれません。
今回のイスズミは手のひらサイズなんで、普通に処理しました。
自宅で冷凍保存し、解凍までの保存期間は10日。
さっそく、塩をして焼く。
焼けた。
イズズミの塩焼き.jpg
ではさっそく、いっただっきもあぁ~す!
もぐもぐ・・・もぐもぐ・・
普通に旨いけどな。
そんな卑下するようなもんでもなんでもない。
お腹まわりに少しイスズミらいい風味があります。
釣ったその現地できちんと処理することが大切なのかもしれません。
釣り人には外道扱いされ、漁師はそこまでできない。
イスズミを美味しく食せるのはおいらみたいな存在だけかしらん?
型のいいイスズミはどんな味わいなのでしょう?
んごっ。
レシピブログに参加しました!
ありきたりかい?

刺身のこと知りたかったら、これを読むべし。
さしみの科学―おいしさのひみつ (ベルソーブックス)

探せば図書館にもあると思うよん。
下記↓から他の家庭料理男の料理のブログが探せます!
料理旨いもん大好きな方は必見!
カテゴリー別になっていて、好みのブログが探しやすいです。
一度ご覧になった方も、応援でクリックしていただけるとうれしいです!
にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ ←クリックしてみなっせ!
皆さんいろんなブログを作成されてます。
参考になりますよ!
本を買うならアマゾン。
中古本(マーケットプレイス)もあり、中には1円~なども。
本屋で買う前に必ずチェックだ!!
検索欄にキーワード入れてGO!

リンクシェアのアフィリエイトなら報酬1円から振込み!そして、振込み手数料も取られません! リスク無しどす!
アフィリエイトならリンクシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です