ヨシエビの塩焼き

“喰っちゃあいかんのか?” へようこそ!

今日の食材は 「エビ」です。

いやあ、よく分かりませんなエビは。

図鑑などで形態を見る限りでは「ヨシエビ」か?

市場には10cm以下のものが多い?

十分に10cm以上あるな・・・・こだわるまい。

と、いう事で「ヨシエビ」という事にしよう。
ヨシエビは十脚目クルマエビ科ヨシエビ属のエビ。

鮮魚として売られていたものが、死んでしもうたワイ。

ってことでパックされ、半額になっていました。

6匹で580円の半額=290円なり。

1匹約48円だ。

贅沢ちゃあ贅沢ですね。

さあ、今回は塩焼きにします。

背ワタ取って、塩ふって、焼くだけです。

そう、焼くだけ。

シンプルだけど旨いんすよ、香ばしくなって。

まず、背ワタをとります。

ん?うまく取れんな・・・ええい!ほっとけ。

はい、次に串を刺します。

エビが曲がらないようにするためです。

別に曲がってもいいんですがね。

まっすぐ焼き上げたかったんです。

ここまできたら、塩を振ります。

少し厚化粧でOKです。

40歳台の奥様くらいでしょうか?

冗談ス。

あとは、魚焼きグリルで焼き上げます。

グリルに水引いちゃあダメです。

カリっと出来ません。

焼きあがれば、完成です。

殻をむきながら、散った塩が丁度身について良い塩加減になります。

手を汚しながら頂きましょう!

ムシャムシャ・・・うみゃあぁい!!

ちょっと贅沢な気分です。

んごっ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です