シバエビの塩焼

シバエビの塩焼き (14).jpg シバエビの塩焼き (2).jpg
喰っちゃあいかんのか? へようこそ!
今日の食材は 「シバエビ」です。
小型のエビって結構俗称的な名前で販売されていることが多い。
ガラエビって何?って感じですか?
今回のシバエビは俗称では無く、標準和名。
エビ目クルマエビ科シバエビ属のエビ。
結構大量に入って販売されてました。
214円なり。
シバエビの塩焼き (1).jpg
グラム88円とか。
このエビが高い世の中からすると、なんてお手頃な価格なのでしょう。
さあ、早速調理だ。
何しよう?
ちょっと贅沢な気分になれるのが塩焼き。
なぜ贅沢な気分なのかって?
個人的にそう思うだけです!
別に賛同なさらなくても結構。
まずは、よく流水で洗います。
シバエビの塩焼き (5).jpg
そして、ワタを抜きます。
シバエビの塩焼き (3).jpg シバエビの塩焼き (4).jpg
別に小エビのワタなんて取らなくても死にやしませんが。
背中の中央付近につまようじを刺して引き上げます。
つまめる程度出たら、つまんで引き抜きます。
延々と作業。
うぬぬ・・・めんどい。
ところで、このシバエビ
触角が長い。
触角どうしでこんがらがってます。
で、何とか終了。
さて、次の作業です。
エビは加熱すると、クルリと丸くなっちゃいますよね?
でも、塩焼きで喰うならまっすぐな方が良い。
なぜ?
個人的にそう思うだけです!
では、まっすぐに仕上げるにはどうするか?
串に刺す!
これしかなかろう。
でも小っちゃいエビだしねぇ。
1本の串に2~3匹を刺しこむか?
ぐぬぬぅ・・・・やりにくい・・・・
ほんじゃあ、つまようじはどう?
おや?程よくないかい?
シバエビの塩焼き (6).jpg
よし、今回はこれでいこう!
自宅にあったつまようじは竹製なのだ。
程よい硬さがあって良い。
しかしまあ、1匹ずつ刺すのは結構めんどい。
でもでも・・・完成したあかつきには美味しいシバエビの塩焼きが待っているのだ。
んがぁ~やっと終わった。
そして、ボールに放り込んで塩を振ります。
その後、中華鍋をあおるがごとくからませます。
シバエビの塩焼き (10).jpg シバエビの塩焼き (11).jpg
よしよし、あとはこんがり焼くだけじゃ。
魚焼きグリルと、一部オーブントースターを使用。
シバエビの塩焼き (12).jpg
で・・・でけた。
シバエビの塩焼き (14).jpg
長かった。
で、では早速・・・いっただっきもあぁ~すぅ。
もぐもぐ・・・もぐ・・・
んまいっ!
この殻にまとわりついた直接的な塩味と、焼けたシバエビの香ばしさがなんとも言えません。
ただ、小型のエビですから肉厚感はありません。
そして、焼くことにより水分が飛び、やや身が細った感じではあります。
刺さったつまようじのマワリにも肉がまとわりついてます。
でもまあ、ここではチマチマ喰う美味しさっつーもんがありますがね。
この香ばしさとチマチマ感が日本酒にもビールにも合いますな。
ま、お上品な食生活してらっしゃる方には無縁の逸品でしょうか?
レシピブログに参加しました!
ありきたりかい?

刺身のこと知りたかったら、これを読むべし。
さしみの科学―おいしさのひみつ (ベルソーブックス)

探せば図書館にもあると思うよん。
下記↓から他の家庭料理男の料理のブログが探せます!
料理旨いもん大好きな方は必見!
カテゴリー別になっていて、好みのブログが探しやすいです。
一度ご覧になった方も、応援でクリックしていただけるとうれしいです!
にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ ←クリックしてみなっせ!
皆さんいろんなブログを作成されてます。
参考になりますよ!
本を買うならアマゾン。
中古本(マーケットプレイス)もあり、中には1円~なども。
本屋で買う前に必ずチェックだ!!
検索欄にキーワード入れてGO!

リンクシェアのアフィリエイトなら報酬1円から振込み!そして、振込み手数料も取られません! リスク無しどす!
アフィリエイトならリンクシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です