テナガエビの塩焼き(屋外調理編)

“喰っちゃあいかんのか?” へようこそ!

今日の食材は 「テナガエビ」です。
テナガエビは十脚目テナガエビ科テナガエビ属のエビ。

さて、前回続いてテナガエビです。
またまた捕獲。

今回はシンプルに塩焼きです。

屋外調理では塩焼きは加熱に時間がかかるため、実はフライパンで炒めるより時間が掛かる。
でも、若干の焦げ目をつけて焼き上げると香ばしく仕上がり風味が良いのだ。

では早速、捕獲したテナガエビを真水でよく洗い全体に塩をふります。
その後、焼き網にのせ焼いていきます。

何をもって焼き上がりなのか分かりづらいな。
ひとまず、若干焦げ目がつく程度にしてみるか?

当初の目的どおりだね。
さて、できあがりだ。

早速いただくだ。

ポリポリ・・・・ん、んまい!
周りについた塩がアクセントになって非常においしい。

んごっ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です