蒸しモクズガニ

喰っちゃあいかんのか? へようこそ!

今日の食材は 「モクズガニ」です。
モクズガニは十脚目モクズガニ科モクズガニ属のカニ。

知っていますか?モクズガニ。
基本的に、淡水域に生息しているカニです。

産卵は海で行われます。
地方によってはズガニなどと呼び利用されてますな。

一般的に言う上海ガニは中国モクズガニです。
見た目はほとんど変わらない近縁種です。

このモクズガニ、ガキの頃小川などでよく捕えたもんです。
どちらかといえばきれいな水を好むようですが、別に清流である必要は無い。

結構美味しいカニなのだ。
さて、久しぶりにモクズガニを捕えたので喰ってみることにした。

いろいろと食べ方があるかとは思いますが、今回は蒸してみました。
いやあぁ、簡単でち。

蒸し器に入れて蒸すだけ。
さあ、できあがりました。

早速頂いてみましょう。
手足は喰う所は無いと考えましょう。

甲羅を剥ぎ取り、中のエラの部分をむしりとります。
そして半分に割って、足の付け根部分の肉や甲羅の周りのミソをいただきます。

この、チマチマした食べ方がなんとも旨いんです。
醤油やポン酢などに漬けていただきます。

もんぐもんぐ・・・ん、んまい!
旨いど、みんなも喰え。

んごっ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です