スーパーで買ったイボダイの握り(酢〆)

“喰っちゃあいかんのか?” へようこそ!

今日の食材は 「イボダイ」です。
イボダイはスズキ目イボダイ科イボダイ属の魚。

イボダイの握りを作ります。
今年はあまりイボダイが安くない。

よって、買いませんでしたが久しぶりに安いイボダイを発見!
5匹で198円なり。

早速購入!

中身は普通の鮮魚だ。

ひとまず三枚に下ろしてみる。

 

ん~あんまり鮮度はよろしくない。
酢で〆るべ。

簡単でし。

3枚におろしたイボダイに粗塩を振ります。
そして、2時間ほど寝かせます。

塩を洗い流し、清酢に2時間程度つけ込みます。

何?長い?
鮮度によって調整する。

これ常識。
さて、清酢から取り出したイボダイの水気をキッチンペーパーで取ります。

さあ、今回は皮を剥いで使用しましょう。
手でむくと綺麗にはげます。

 

あとは、握りやすいように切り付けていきます。
今回は3枚におろしたものを半分に割り、切れ込みを入れました。

約20カンできましたよ。
1カン100円として、2,000円分ですな。

まあ、イボダイの握りなんて流通業では販売されてませんもんね。
寿司屋は行ったことないから知りませんがね。

おそらく、1カン100円では喰えんでしょう。
1カン200とすりゃあ、4000円分でっせ、うっひっひぃ~

それでは、いっただっきもあぁ~すぅ。
もんぐ、もんぐ・・・・んまい!

さあ、みんなも身近な魚を寿司にしてみよう!
旨いで。

ウキッ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です