カタクチイワシの造り

カタクチイワシの造り (17).jpg カタクチイワシの造り (4).jpg
喰っちゃあいかんのか? へようこそ!
今日の食材は「カタクチイワシ」です。
カタクチイワシはニシン目カタクチイワシ科カタクチイワシ属の魚。
鮮度落ちが異常に早い魚だ。
スーパーに並んでいても、お腹はすぐにへたり内臓はみ出してますよ状態。
刺身で喰うには自分で釣るしかないのか?
しかし、カタクチイワシごときに貴重な時間を割けないんだな。
そんな中、何気にカタクチイワシを発見。
何やらマシな感じじゃあないか?
買ってみよう。
そのお値段150円。
カタクチイワシの造り (3).jpg
ほれほれ・・・これがカタクチイワシじゃ。
この特徴的なふぬけたツラが何ともそそります。
カタクチイワシの造り (4).jpg
ワシはカタクチイワシじゃが?
なんか文句あんのか?って感じ。
お口を開くとこれまた口裂け女顔負けの特徴的な口なのです。
画像撮り忘れましたが。
まずはよく洗う。
さて、いかにして捌くか?
めんどくさいので、一部筒切りにしセゴシ状態で喰ってみた。
が、意外に骨が硬く身がつぶれる。
かつ、食感もよろしくない。
仕方ねえ、最低限3枚におろさねば。
ひとまず、頭をおとして内臓を出す。
カタクチイワシの造り (5).jpg カタクチイワシの造り (6).jpg
その後、きれいに洗う。
カタクチイワシの造り (7).jpg
腹側の中途半端な部分を包丁で切り落とし、背鰭を引き抜く。
カタクチイワシの造り (9).jpg カタクチイワシの造り (8).jpg
その引き抜いた背鰭の穴から指を入れます。
カタクチイワシの造り (10).jpg
そして、背骨に沿って手開き。
カタクチイワシの造り (11).jpg カタクチイワシの造り (12).jpg
そのまま骨から引きちぎる。
ブチッ!
反対側の身は骨を取り除く感じです。
カタクチイワシの造り (13).jpg カタクチイワシの造り (14).jpg
無事に取れました。
はい、身。
カタクチイワシの造り (15).jpg
はい、骨。
カタクチイワシの造り (16).jpg
これ以上の細かい骨は・・・・喰ってしまえぃっ!!
で、盛り付け。
カタクチイワシの造り (17).jpg
でけた。
さっそく頂く。
もんぐもんぐ・・・もんぐ・・・・
ん、んまいね。
ただ、若干苦味のようなものを感じます。
お?そういえば皮はいでないな。
ま、大きな問題なし。
小骨も気にならん。
さて、骨と頭が残った。
カタクチイワシの造り (18).jpg
味噌汁でも作るか?
頭はエラを取り除きます。
そして、骨とともに水を張った鍋へ投入。
カタクチイワシの造り (19).jpg
煮立たせます。
アクが浮いてきたら、キッチンペーパー投入!
カタクチイワシの造り (20).jpg カタクチイワシの造り (21).jpg
そして、引き上げ。
カタクチイワシの造り (22).jpg カタクチイワシの造り (23).jpg
おやおや、きれいにアクが取れましたよ。
カタクチイワシの造り (24).jpg
ま、キッチンペーパーが結構水を吸ってしまうのが難点でしょうか?
あとは味噌を溶いて終了。
お好みで適当に具を入れてくださいまし。
カタクチイワシの造り (1).jpg
レシピブログに参加しました!
ありきたりかい?

刺身のこと知りたかったら、これを読むべし。
さしみの科学―おいしさのひみつ (ベルソーブックス)

探せば図書館にもあると思うよん。
下記↓から他の家庭料理男の料理のブログが探せます!
料理旨いもん大好きな方は必見!
カテゴリー別になっていて、好みのブログが探しやすいです。
一度ご覧になった方も、応援でクリックしていただけるとうれしいです!
にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ ←クリックしてみなっせ!
皆さんいろんなブログを作成されてます。
参考になりますよ!
本を買うならアマゾン。
中古本(マーケットプレイス)もあり、中には1円~なども。
本屋で買う前に必ずチェックだ!!
検索欄にキーワード入れてGO!

リンクシェアのアフィリエイトなら報酬1円から振込み!そして、振込み手数料も取られません! リスク無しどす!
アフィリエイトならリンクシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です