ボラの解体

”喰っちゃあいかんのか?” へようこそ!

今日の食材は 「ボラ」です。
ボラはボラ目ボラ科ボラ属の魚。

さあ、今回は皆さんお持ちかね?のボラです。

ボラっていいなぁ~

そこかしこに大量に出現し、水質さえよければ旨い!

ロクなエサも無いのにあれだけのボディ&数をキープできるのだ。

世界中に君臨するわけだ。

そして、簡単に?捕獲可能。

タンパク源としては非常に優秀だと個人的に思う。

問題は生息環境のみ・・・・

今回は、和歌山方面で調達したボラを解体します。

このボラ、独特の体臭がしますぅ~。

臭い、臭いって言ってんじゃねぇよ。

それは、あんたの処理が悪いからだろう?

まあ、その臭いはボラの特性なので仕方がありませんが。

まずボラを確保したら、即〆ること。

そして、体のぬめりをしっかりおとす。

そうすることで、独特の体臭はほぼ気にならなくなりますよ。

できれば、ここまでやって持ち帰るのだ。

で、なければ部屋の中にボラの芳醇な香りが充満するぞ。

ま、おいらは気にしませんが。

さて、ウロコを落としていきます。

その後頭を落としますよ。

次に内臓を出します。

内臓内にはボラが食したものがたまっています。

何喰ってんのかなぁ。♪

あ~あ、時期によってはカラスミ満載なのにのぉ。

で、腹に包丁を入れます。

 

腹鰭の所は、めんどくさいので切り落とします。

あちょっ!

きれいに洗います。

 

きれいに洗ったら、3枚に下ろしていきます。

尾鰭の付け根に切れ込みを入れておくと処理が楽だ。

3枚に下ろすのは頭側からでも、尾側からでもやりやすい方でどんぞ。

 

はい、2枚おろし完了。

そして、3枚おろし完了。

その後、腹骨をそぎ落とします。

 

さあ、皮を引こう。

 

皮を引いたら、体側に走る骨をそぎ落とします。

ボラの場合、数本しかありません。

はい、これで完成です。

キッチンペーパーにでもくるんで保存しましょう。

旨そうでしょ?

旨そうって言いなさいよ!

切りつければお刺身です。

ちなみに、分かっちゃいるとは思いますがあのボラの匂いがそのまま魚肉の匂いではありません。

わかってる?

本当に?

あんたエライ!!

・・・バカにしてのか?

わかるぅ?

んごっ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です