ボラの塩焼き

”喰っちゃあいかんのか?” へようこそ!

今日の食材は 「ボラ」です。
ボラはボラ目ボラ科ボラ属の魚。

ボラの塩焼きです。
まあ、シンプルなこと。

基本的には塩振って焼くだけ。
塩焼きには比較的小型の個体が向きます。

肉厚の魚の場合塩を振って数十分寝かし、その後水分をふき取った後再度軽く塩を振るのがよい。

これ、個人的な見解。
そして、通常の台所では炭火なんてなかなか使えない。

だからやっぱり家庭では魚焼きグリルとなる。
魚焼きグリルには水を引いて・・・とあるが、仕上がりが水っぽくなります。

よって、水を引かずにあっしは焼きます。
水はケムリを出さない為に引くのだ、決してより美味しく焼き上げる為に引くのではない。

魚焼きグリルを使用する場合、中の様子をみながら時折位置を変えてやる必要があります。
均等に加熱されないんすね。

焼けていない部分をよく焼ける位置へ・・・
はあ・・・やっと焼けた。

さあ、いただきませう。
もんぐもんぐ・・・ボラの肉質は繊維がしっかりしています。

ドロ臭くさえなければ、美味しい白身のお魚です。

んごっ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です