牛タタキの握り

”喰っちゃあいかんのか?” へようこそ!

今日の食材は 「牛モモ」です。
牛は哺乳綱偶蹄目ウシ科の動物。

魚以外ですが・・・  何か?
魚が無い・・・・

ロクな魚が無い・・・・・ううう。
周辺にスーパーしかないような環境では良くある話。

そんな時・・・肉しかなかろう。
魚に比べ、安定供給が可能な食材。

また、元々熟成が必要な畜肉。
鮮度なんて魚ほどシビアになる必要はアリマセン。

今回の使用部位はモモ肉。
時折グラム98円くらいまで安くなります。

無論、オーストラリア産など。
これでタタキでも作って、握りにしましょう。

まず、モモ肉をかたまりのままフライパンなどで焼きます。
別に焼き網などで焼いても構いません。

かたまりが大きい場合は、適度な大きさにカットだ。
目的は加熱にムラが出来過ぎないようにすること。

あとはまんべん無く焼いていくだけ。
焼きすぎると当然タタキ状になりませんから、焼きすぎには注意。

焼き加減は肉を触った時のプニプニ具合?で判断。
いつも感覚です。

すいませぬ。
その後、冷水に落とし熱を取ります。

無事に出来上がったら、寿司ネタように切りつけて握っていきます。
出来上がった寿司に軽く塩を振り、ワサビをのせます。

さ、でけたど。
では、さっそく・・・いっただっきもあぁ~す!

もんぐ・・もんぐ・・・
んまい!

が、焼けた表面部分がやや固めだ。
寿司飯とわずかになじまない。

この部分に包丁を入れる等するとより旨いかな?

ふんっ!

刺身のこと知りたかったら、これを読むべし。
さしみの科学―おいしさのひみつ (ベルソーブックス)
探せば図書館にもあると思うよん。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です