ホテイウオのオイスターソース炒め

喰っちゃあいかんのか? へようこそ!

今日の食材は 「ホテイウオ」です。
ホテイウオはスズキ目ダンゴウオ科ホテイウオ属の魚。

また?
そうまたです。

文句あっか?

今日は、ホテイウオのオイスターソース炒めです。
鍋の残り(下ごしらえしたもの)がまだあります。

フツーに味噌汁なんかにしても面白くないので、炒めてみた。
かたまりになっている肉などを炒める場合、加熱効率がよろしくないですな。

加熱されている媒体との接地面が少ないからだ。
たとえば、揚げ物などは基本的に360度全方向に加熱された油が存在し食材の全表面から加熱が可能です。

これが炒めものの場合、極端な話フライパンとの接地面からのみの過熱になります。
食材への熱の通り具合を考えながら進めないといけない。

場合によってはフタをして蒸焼きの状態にしたりします。
今回は中華鍋を使用します。

中華鍋を加熱し、サラダ油を入れます。

熱くなった所でぶつ切りにしたホテイウオを入れ、塩・コショウを振り炒めていきます。
焦げ目が付いてきたらオイスターソース、醤油、ミリンを加えさらに炒めます。

少し水を加え、ゴマ油を少々入れ水溶きカタクリ粉を流し込みとろみが付いたら火を止めます。
さあ、出来上がりじゃ。

このホテイウオ、骨ごと喰えるからいいね。
小骨が~~っ!!て関係ないもんね。

こってりした味付けもなかなかGOODです。
そして、ホテイウオならではの食感とでも言いましょうか?

プニプニした感じと、骨ごと食べるこの歯ごたえ。
なかなか美味しいでっせ。

濃い味付けもステキ.

んごっ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です