高知県産養殖アユの塩焼き

“喰っちゃあいかんのか?” へようこそ!

今日の食材は 「アユ」です。
アユはサケ目アユ科アユ属の魚。

夏と言えばやっぱりアユ。
買うと高いですねぇ。

でも、養殖とはいえ安く手に入ることもある。

4匹入って221円。
1匹約55円だ。

いいねえ、常にこうありたいもんです。
しかし、ここは遠征先。

調理場なんてアリマセン。
いつものように屋外調理です。

まあ、言っても今回は塩焼きにしますから、塩ふって焼くだけ。
おいらは常に、2リットルのペットボトル4本は車に真水を積んでいる。

軽く流す分にはこれで十分。
常に補充はしますがね。

さあ、軽く洗って塩を振って焼いていきます。
塩は食卓塩です。

小瓶に入って、72円くらいで販売されています。
常に車に積んでおきます。

便利でっせ。
難点は瓶がガラスであること。

固いアスファルトなどに落とすと、パリ~ん!っと割れます。
さて、いつものようにアウトドア用のコンロに焼き網をのせてアユを焼いていきます。

こまめに接地面を動かしてやらないと網に皮が張り付いてボロボロになります。

よく焼けたらさっそく頂きます。

むしゃ むしゃ ・・・
いやあぁ~アユってホントに美味しいですね。

アユならではの食感と風味があります。
人生において一度は喰ってみることをオススメします。

にしても、1匹55円ってサンマより安いがね。
こんな値段で売って大丈夫か?

ウキッ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です