シマダコのブツ切り

シマダコのぶつ切り (3).jpg
喰っちゃあいかんのか? へようこそ!
今日の食材は 「シマダコ」です。
シマダコは頭足綱八腕目マダコ科のタコ。
ここ、高知県西部はやはり南方系なんでしょうねぇ。
マダコを見ないなぁ。
無論、店頭ではなく近所の海で。
たしかに、魚の類はやや南方系。
内湾の魚は、いない種類もある。
メバルもアイナメもいない。
ワカメも生えてない。
だからして、タコも南方系?
この辺でやたらとタコの値段が高いのは、周辺でマダコが獲れないからか?
まあ、最近は近所の海で時折シマダコやスナダコを捕獲するので全くタコを喰えない訳では無い。
今回は10月の後半に、近所の海ですくった獲物だ。
またタモ網ですくってしまった。
網に入れたまま一定時間放置すると、網目から足が抜ける・・・・・
シマダコも必死に逃走を試みているつもりなのだろう。
シマダコのぶつ切り (2).jpg
しかしなぁ。
ムリだべ?
網目に足を突っ込んでも逃げられんぞ。
こうなると、こっちも大変。
なかなか足が抜けないんですもの。
でも、何とか引き抜く。
ボールに入れたシマダコはぐったりしている。
疲れたのか?
シマダコのぶつ切り (1).jpg
こっちも疲れたわ。
ったく。
食材として見るシマダコはやはり少しマダコと違いますな。
模様があります。
なんか白い斑点みたいなものがある。
膜は薄っぺらい感じ。
塩を振り、ぐちゃぐちゃと洗う。
手動でやる限り、ヌメリを完全に取り除くのは難しい。
ある程度で割切る。
イメージは、吸盤についている汚れはとれたか?
これでOK。
若干のヌメリは加熱後でも落とせる。
しかし、吸盤内の汚れは茹でる前に落とさないとなかなか取れない。
ここは妥協しない方がいい点だね。
今回は生の段階で内臓を抜きます。
胴の部分をクリっと返して、中身を取り出します。
そして、内部にくっついているエラを取り除く。
よく、タコの頭って言われている部分は実は胴の部分なのら。
まあ、言われるまでも無いって人も多いかもしんない。
目の付いている部分周辺がタコの頭なのね。
こういった生き物の仲間を頭足類と言う。
イカなんかもそう。
で、内臓を抜いたら、後は茹でるのみ。
好みの状態になるまで塩水で茹でます。
沸騰した塩水に足先から徐々に入れていきます。
こうすると、足がキレイに丸まりますです。
はい、ゆで上がりました。
ちなみに、ゆで時間なんて適当です。
シマダコのぶつ切り (4).jpg
生っぽいのが好きなら短時間。
1~5分って感じで、大きさ等によっても違います。
茹でた後、自然に冷ますか冷水に浸けるかなんつーもんも好きにすればいい。
個人的には、生っぽくしたい場合、冷水で冷却します。
必要以上に余熱で熱が入らないようにする為に。
個人で調理する限り、お客さんに提供する訳じゃあありませんからね。
もう、「こうじゃないと絶対ダメ」って言うヤツは大嫌いですな。
よほどの事をやらかさない限り、喰えない状態なんかにはなりません。
ちょっと硬かったりするくらいです。
薄めに切って、少し包丁入れるとか、工夫してみるのもいいじゃないですか。
何か細かいことを考えすぎて、調理を断念するくらいなら、適当でいいからやってしまえって感じですよ。
さて、茹でたシマダコを適当に切って出来上がりです。
さあ、早速頂きましょう!
シマダコのぶつ切り (3).jpg
もんんぐもんぐ・・・もんぐ・・・
おいちい。
タコってんまいね。
でも、かみさんは喰わない。
恐らく、見た目がキモイからとかだろう。
女はビジュアルが先なのかもね。
うちのかみさんは、食の領域がせまい。
哀れなるかな。
んごっ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

カイダコのボイル

カイダコのボイル (1).jpg カイダコのボイル (9).jpg
喰っちゃあいかんのか? へようこそ!
今日の食材は 「カイダコ」です。
カイダコはタコ目アオイガイ科の生き物。
4月後半のとある日、おいらは近所の岸壁で夜釣りをしていた。
いつものライトの照る浅場だ。
水面を見てると何やらクルクル回っている白っぽいモノを発見。
本能的にすくってみると・・・・
貝殻・・・・か?
中に何やら見えるが・・・なんじゃこりゃ?
カイダコのボイル (2).jpg
もしかして、珍しい生き物なのか?
もしかしたら地球規模で貴重な生物なのか?
まさかね。
後で調べたら、さほど珍しいモノではないらしい。
中には吸盤が見える。
何か図鑑で見たことあるような、ないような?
カイダコのボイル (4).jpg
名前が浮かんでこない。
とりあえず、角度を替えつつ写真を撮る。
ほい。
カイダコのボイル (5).jpg
ほい。
カイダコのボイル (6).jpg
ほい。
カイダコのボイル (7).jpg
ほい。
カイダコのボイル (8).jpg
ほい。
カイダコのボイル (9).jpg
貝?の口?を下に向けると、動き始めた・・・・
いや重力に負けて抜けているのか?
カイダコのボイル (10).jpg
自分の意思なのか?
もしかして、逃げ出してるつもりか?
カイダコのボイル (11).jpg カイダコのボイル (12).jpg
しばらくすると・・・・
カイダコのボイル (13).jpg
おてあげ~・・・・って姿に見える。
おやおや。
そしてヤツは地上へ・・・・
何やら重力にはかないません~的な姿。
カイダコのボイル (14).jpg
殻を見ると卵のようなモノが見える。
ほう、自分の殻に産み付けるのか?
カイダコのボイル (15).jpg カイダコのボイル (16).jpg
ん~む。
自分で殻に戻れるのかな?
ホレホレ・・・・・
やさしいおいらは、近くに殻を添えてあげたのら。
「あら?これは私の殻だわ・・・・」
カイダコのボイル (17).jpg
「ここに私は戻れるのかしら・・・」
カイダコのボイル (18).jpg
「やっぱり無理だわ~」
カイダコのボイル (19).jpg
なんじゃ?この根性無しめ。
仕方ない、直接入れてあげよう!
ほれ・・・・
カイダコのボイル (20).jpg
あれ?
カイダコのボイル (21).jpg
ムリ?
カイダコのボイル (22).jpg
仕方ない・・・・・喰うか?
シンプルに塩ゆでにでもしよう。
自宅に持ち帰り、まな板の上に転がす。
カイダコのボイル (24).jpg
「んもうっ!どこ見てんのよっ!!」
なんじゃ?タコのクセに生意気な。
ま、これが最後だ、角度を変えてあげよう。
なんかイカのようなみずみずしさがあるね。
カイダコのボイル (23).jpg
一部の足先に膜のようなものがある。
殻の中に留まる為の機構なのだろうか?
調べてみると殻を作る為のモノらしい。
ほらほら、しゅっとしなさい、しゅっと!
カイダコのボイル (25).jpg
で、適当に内臓を抜き、海水くらいの塩水でボイル。
5分もゆでてないね。
カイダコのボイル (26).jpg
さあ、完成だ!
カイダコのボイル (1).jpg
やあ、とっても美味しそう・・・・でない。
ま、いっか?
それでは早速・・・・・
いっただっきもぁ~す♪
もんぐもんぐ・・・・もんぐ・・・・
柔らかいね。
ゆで時間の問題もあるのかも知れませんが、歯応えは弱い。
風味も強くなく、コクの無い味わい。
しかし、変なニオイや味がある訳でもない。
簡単に表現すれば、水っぽくてあんまり味無いねって感じ?
でも、何喰ってるの?って聞かれたらタコなのだ。
で、殻が残ったのだが・・・・・
カイダコ  (11).JPG
ヤフオクで売っちゃったぁ。
あへっ♡
3,100円で売れたっち。
んごっ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です