島根県産 鮎の苦うるか

”喰っちゃあいかんのか?” へようこそ!

今日の食材は 「鮎の苦うるか」です。
うるかはアユの内臓の塩辛です。

アユはサケ目アユ科アユ属の魚。

過去に紹介したつもりでしたが、紹介していなかったようです。
2009年の夏に買ったものがまだ冷蔵庫に残っていましたので、改めて喰ってみた。

鮎のうるかって色々ありますね。
今回は内臓のみを使用したものです。

ちなみに、島根県産。
苦味ばしった大人な味わいです。

今回は、ポン酢とネギで少し風味を加えて見ました。
では頂いてみましょうか?

もんぐもんぐ・・・ううう苦いぜ。
でもマズイ訳ではありません。

んまいっ!

日本酒のあてにぴったり。
ビールは合わんぞ。

間違ってもチュウハイ飲むなよ。

んごっ!

刺身のこと知りたかったら、これを読むべし。
さしみの科学―おいしさのひみつ (ベルソーブックス)
探せば図書館にもあると思うよん。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です