カキの塩辛

“喰っちゃあいかんのか?” へようこそ!

今日の食材は 「カキの塩辛」です。
広島の駅で発見。

値段もそんなに高く無いので購入。
ちなみに、700円程度だ。

時折、居酒屋等でメニューにあるが頼んだことはない。

原材料名は下記の通り。

かき、食塩、酒精、みりん、調味料(アミノ酸等)、増粘剤(キサンタンガム)。

以上なり。
何だかんだで食品添加物を使用している。

まあ、世の中の大多数の加工食品には食品添加物が使用されている。

そう考えると、高知の酒盗なんかは優秀だね。
もちろん、その種類によるけれども。

辛口標記のものは、カツオ、食塩、以上だ。

さて、今回のカキの塩辛はどんな味なのだろう?
早速食べてみよう。

そのまんま喰うかいなと。
もんぐもんぐ・・・・

ううっ・・塩っかれぇ。
カキに塩をぶち込みましたって味ですな。

味覚的にはちょっと体に悪そうなくらいの塩分濃度。
「そんなに食べたら体に悪いからやめときぃっ!!」

子供が喰ってたら親としてそう言うね。
残りの喰い方は後日考えよう。

んごっ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です