ふな寿司

”喰っちゃあいかんのか?” へようこそ!

今日の食材は 「ふな寿司」です。

塩漬けにしたフナを、炊いたご飯に漬け込み乳酸菌発酵させたものです。
細かくは色々ありますが・・・勉強ください。

ふなずしの謎

自分で作ってみたいんですがねぇ~
環境がねぇ~

臭うしねぇ~
風とおしもねぇ~

ああぁ・・やっぱり腐った都会には住みたくない!!
何にも出来やしねぇ。

おっと、話がそれましたね。
子持ちのものだと、スーパーで売っている物でも20cmくらいのものでも2000円くらいします。

しかも兵庫県の養殖ふなだったりします。
今回購入したものは2匹で1800円!

こりゃぁどう考えても・・・・あれですな。
そうあれ・・・

そりゃぁそうでしょうよ、やっぱりあれですから。
やっぱりあれだと安いですよね・・当然。

うんうん・・・納得じゃ!
納得!納得!

・・・・

・・・

子持ちじゃないんす。
おなかカラッポ。

子持ちと表現されていないから、表示が偽りではありません。
このフナ寿司、作るところによって特徴が違うようです。

漬け込んだ米も一緒に食べますが、この米・・・炊きかげんがまた色々・・・
個人的には、若干芯が残っている方が好きですね。

柔らかいと、ベトベトで食感がよろしくない。
使っているフナの種類も色々なのでしょうが、子持ちで2000円程度なら買いです!

さあ、切りつけてみよう。
えっさほいさっ。

そ、それでは早速・・・・

いっただっきもぁ~す!
もんぐもんぐ・・・もんぐ・・・・

んまいっ!

みんなも死ぬまでに一度は食されてみては?
なんじゃぁ!!この妙な酸味はぁぁ??!!

その先に、栄光が待っています。

ウキッ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です