鮎の白子うるか

“喰っちゃあいかんのか?” へようこそ!

今日の食材は 「鮎白子うるか」です。

アユの各部位の塩辛を一般にうるかと呼ぶ。
アユはサケ目アユ科アユ属の魚。

うるかと言ってもいろいろあるようです。
今回は島根県産のうるかです。

少し前に購入したもので値段は覚えていませんが安くはありません。
しかし、喰ったことのないものは喰ってみるのが我が人生。

居酒屋で誰でも作れる料理にウン千円払うよりはよほどマシである。
おそらく、1000円以上2000円未満といったところか?

材料をみると、鮎白子、食塩、みりん、調味料(アミノ酸等)。
おしい!食品添加物が使用されている。

しかし、いたしかた無かろう。
さて、早速いただいてみましょう。

ひとまず、そのままなめてみる。
ふんふん・・・どこかで味わったことのある味だ。

でも、どーしても思い出せない。
あうあうあうぅ~ボケちまったか?

さ、せっかくだからスダチを絞っていただきましょう!

もんぐもんぐ・・・・もんぐ・・・・
ん、これも日本酒のあて向き。

ご飯のおかずにはならん。
ちなみに、激ウマではありませんな。

だが決してマズくはありませぬ。

んごっ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です