ヨーグルトのゼリー

ヨーグルトのゼリー (1).jpg
喰っちゃあいかんのか? へようこそ!
今日の食材は 「ヨーグルトのゼリー」です。
たまにはデザートを・・・・・
いろいろとゼラチンで固めるのが好きなんす。
と言っても、カワユク作る技量はござりません。
さて、今回は飲むヨーグルトを固めてみましょうかね。
ヨーグルトを鍋で温めます。
ヨーグルトのゼリー (3).jpg
同時に、別の鍋で砂糖水を温めます。
結構甘目でいいんじゃあないかの。
ヨーグルトのゼリー (2).jpg
そして、分量分のゼラチンを温まった砂糖水に溶かし込みます。
この時、おいらはこし網を使用します。
ヨーグルトのゼリー (4).jpg
直接ゼラチンを入れると、よくダマになって残るんす。
味噌を溶くがごとく、ゼラチンを溶かし込みます。
ちなみに、加熱しすぎてはイケマセン。
ゼラチンの凝固能力がなくなります。
温かい+αくらい。
無論、ヨーグルトの方も同様。
ゼラチン入りの砂糖水と飲むヨーグルトをよく混ぜ合わせます。
後は、型に入れてあら熱が取れたら冷蔵庫にて冷却。
ヨーグルトのゼリー (5).jpg
ゼラチンは常温くらいでは固まらないんす。
なんじゃあ、固まっとらんやんかいっ!
と、思っても冷蔵庫で冷やすと固まるんですな。
ちなみに、甘目の砂糖水と混ぜたのはゼリー状のものは甘味を感じにくいから。
液体と比較し、舌の味蕾に接触する割合が小さくなるのだ。
溶け出しにくいしね。
甘味を感じる為には少し多めに砂糖を入れる必要がある。
さて、冷蔵庫で3時間程度放置。
で、無事に固まる。
ヨーグルトのゼリー (6).jpg
さあ、切りだそう。
ま、そのまま喰ってもいいんすが。
絵づら的にねぇ。
容器を温めりゃあスポッと抜けるんでしょうが・・・
めんどくさかったんです。
許してほしいでち。
で、切りだし完了。
ヨーグルトのゼリー (1).jpg
崩れた羊羹のようですが・・・・
気にしないっ!!
頂きますっ!
もんぐもんぐ・・・うむ、あっさりしている。
さわやかな感じ。
冷たく、ぷにぷにした食感はいい感じ。
やや酸味があり、甘味は淡い。
もっと甘くした方が良かったのか?
しかし、糖分取りすぎるな。
レシピブログに参加しました!
ありきたりかい?

刺身のこと知りたかったら、これを読むべし。
さしみの科学―おいしさのひみつ (ベルソーブックス)

探せば図書館にもあると思うよん。
下記↓から他の家庭料理男の料理のブログが探せます!
料理旨いもん大好きな方は必見!
カテゴリー別になっていて、好みのブログが探しやすいです。
一度ご覧になった方も、応援でクリックしていただけるとうれしいです!
にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ ←クリックしてみなっせ!
皆さんいろんなブログを作成されてます。
参考になりますよ!
本を買うならアマゾン。
中古本(マーケットプレイス)もあり、中には1円~なども。
本屋で買う前に必ずチェックだ!!
その他の商品も充実!
検索欄にキーワード入れてGO!

日本最大級のショッピングモール楽天。
安心してお買いもの出来ます。

リンクシェアのアフィリエイトなら報酬1円から振込み!そして、振込み手数料も取られません! リスク無しどす!
アフィリエイトならリンクシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です