イトヨリダイの握り

“喰っちゃあいかんのか?” へようこそ!

今日の食材は 「イトヨリダイ」です。
イトヨリダイはスズキ目イトヨリダイ科イトヨリダイ属の魚。

知っていますか?イトヨリダイ。
高っかいですねぇ。

大型のものほど高価だ。
個人的にはめったに買いません。

いや買えません。
今回のイトヨリダイはもらいものです。

よって値段は不明。

スーパーの魚のごとく、内臓は出されウロコも取り除かれています。
さて、このイトヨリダイ。

水分が多い。
身が柔らかいのだ。

また、個人的経験からすると痛みやすい魚。
おそらく当然のように身はへたっているであろう。

どうすべ?
こんな時は部分的に加熱するのがよかろう。

一部加熱で寿司作ろ。
このイトヨリダイ、皮目がキレイなんですな。

皮をはがさず、フライパンで表面を焼くか?
そうすべ。

頭を落として、3枚におろし腹骨をすきます。
体側の骨は今回は抜いてみました。

 

表面を焼き、冷水に落とします。

 

キッチンペーパーで水分を切ります。

その後、寿司ネタ用に切りつけ握っていきます。
さあ、でけた。

で、ではさっそく。
いっただっきもあぁ~す。

もんぐもんぐ・・・・もんぐ・・・
ん、んまいっ!

加熱は正解だったね。
風味が増します。

おいちい♡

ウキッ!

刺身のこと知りたかったら、これを読むべし。
さしみの科学―おいしさのひみつ (ベルソーブックス)
探せば図書館にもあると思うよん。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です