ヒラメの握り

“喰っちゃあいかんのか?” へようこそ!

今日の食材は 「ヒラメ」です。
ヒラメはカレイ目ヒラメ科ヒラメ属の魚。

今回ももらいもんです。
個人的にタダ・・ウキッ!

だが、問題はその鮮度。

いくらクールったって宅急便で送られてくるシロモノは当たった試しが無い。
でも喰えないほどではない。

中途半端な状態ですな。
ドリップ対策、梱包、温度管理、etc・・・・

今回もやっぱり身がへたっています。
薄作りなんて・・・・イマイチ。

そんな時!
やっぱり寿司だね。

安易か?
さて、今回も獲物はサク状になったものです。

調理は簡単、切るだけ。
つまらん。

でも喰う。
そりゃあそうだ。

エンガワを切り離し、身は寿司ネタ用に切りつけます。

 

そして握るのみ。

さ、頂きましょうかね。
もんぐもんぐ・・・

エンガワは旨いな。
少々寝かせても美味しく頂けます。

しかし、身肉は・・・・イマイチだ。
決してマズくはないのですが・・・・・・

ヒラメとしては・・・イマイチだ。
少し加熱すりゃあよかったか?

んごっ!

刺身のこと知りたかったら、これを読むべし。
さしみの科学―おいしさのひみつ (ベルソーブックス)

探せば図書館にもあると思うよん。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です