高知県西部の小川で釣獲したカワムツの素揚げ

“喰っちゃあいかんのか?” へようこそ!
今日の食材は 「カワムツ」です。

高知への遠征の際に調達したもんです。

簡単?調達可能それがカワムツ。
ただし、漁獲エリアは厳選しよう。

そう、水質だ。
淡水魚には全般に言えることだけど。

今回は素揚げだよ。
はい、ここは遠征先なので調理場はありません。

調達したカワムツはそこいら辺で捌きます。
が、今回は雨が降ってきたもんでキャンプ場的な所を拝借。

ウロコ、内臓、エラなど取り除く。
そして、よっく水気を取ります。

キッチンペーパーくらいは車に積んでおきなさい。
その後、塩を振ります。

で、しばらく寝かせますよ。

水が出てきますからね。
20~30分程度放置したら、その出てきた水気を取り除きます。

もちろん、お腹の中もね。
さあ、下ごしらえは完了した。

で、熱したフライパンにサラダ油を引きます。
そして、カワムツを入れていきます。

フライパンを傾けると傾いた方の油に深みが出来き、少量の油でも揚げ物が可能です。
そして、1~2匹ずつ揚げていきます。

丁寧にじっくりとね。
あせってはいけません。

もうっ!あせっちゃダメっ!!

 

揚がったカワムツはフライパンの傾斜の上の方へ置き、油を切ります。
その後に、キッチンペーパーを引いたお皿に並べて行きます。

やあ・・・美味しそう。
うまく揚がったな。

さっそく頂きましょう!
もぐもぐ・・・もぐ・・・もんぐもんぐ・・・

・・・・・んまい!
マジに・・・・・んまい!

こりゃあいけるわい。
今度また作ろ。

だたし・・・冷めたら味落ちるよ。
サックリしている間に召し上がれ。

あ、あと小型の方が旨いね。

ウキッ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です