カワムツの塩焼き

「喰っちゃあいかんのか?」 へようこそ!

今日の食材は「カワムツ」です。
カワムツはコイ目コイ科カワムツ属の魚。

知ってますか?
カワムツ。

ちょっとした田舎にいった時、ふと横を流れる川に目をやったら魚が見えた・・・・
中部以西の場合、これがほぼカワムツ。

河川で良く見られる小魚です。
みなさんあまり喰わない。

個人的にもその捕獲河川の水質から喰う気になりませんでした。
しかし、今回はまともな水質だったので喰ってみることにしました。

やはり、水がきれいな場所に限るな。
淀川では絶対にそんな気にならん。

さて、今回の捕獲地は高知。

とある小川です。
排水の流れ込みもなく、美しい流れ。

さて、どうやって喰うかな?
やはりシンプルは塩焼きだな。

と、いうことでまずは下処理。
ウロコを落とし、内臓やエラを取り除きます。

軽く塩をふって寝かす。
その後、軽く洗って再度塩を振る。

んで、焼く。

ジジジ・・・・でけた。

さあ、頂いてみよう!
もんぐ・・もんぐ・・・もぐ・・

おや?そんなに悪くないよん。
激ウマではありませんが、美味しいんでない?

って感じどす。
清らかな流れが前提でございます。

ウキッ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です