コイのダシのうどん

コイ ウドン (1).jpg コイ ウドン (24).jpg
喰っちゃあいかんのか? へようこそ!
今日の食材は 「コイ」です。
コイを煮込めば比較的濃いダシが出る?
コイのアラもあるし、ここはダシを取って鍋状にし,ウドンを突っ込んで喰ってみるかの。
それでは、まずはコイのダシを取ります。
コイのアラを焼くだよ。
背骨や鰭やろっ骨など。
少し、香ばしくなるよ。
コイ ウドン (10).jpg コイ ウドン (12).jpg
その後、1~2時間煮出します。
コイ ウドン (19).jpg コイ ウドン (15).jpg
一方でウドンを仕込みます。
加水率48%程度で、加水する水の塩分は12%程度。
ボールで徐々に塩水を加え、ならしていきます。
コイ ウドン (2).jpg コイ ウドン (3).jpg
そぼろ状になったら軽く固まりにして、ビニール袋に入れて踏む。
コイ ウドン (5).jpg コイ ウドン (6).jpg
折り返しながら何度か踏み込む。
で、しばらく寝かす。
コイ ウドン (7).jpg
ちなみに、小売で販売されている小麦粉でうまく出来たことが無い。
小麦粉が悪いのか?腕が悪いのか?
小麦粉が悪いにちげぇねぇ。
ところで、一般家庭?ではなかなか生地を伸ばすスペースが確保できない。
台所は狭いし、ちゃぶ台の上には常に物が置かれている。
残るは床か?
直接置くわけにはいかんし、ごみ袋を敷いたところでグニグニ動く。
めんどくさいのぉ。
と、いうことで、ホームセンターで買った安い板と丸い棒を使用します。
この安い板を床に置いて使用するのだ。
問題は食品加工に使っても問題ないのかとうか?
しかし、貧乏人に選択肢は他に無い。
そして包丁。
刃渡り短い包丁は切りにくいな。
だからって、柳刃ももちろん切りにくい。
はあぁ、おいらはウドン職人になれねぇ。
ブヒッ!
しかし、なんとかウドンが完成。
コイ ウドン (25).jpg
2~3分程度下ゆでしておく。
コイ ウドン (29).jpg コイ ウドン (31).jpg
コイのダシに味付けしていきます。
しょう油とみりんと砂糖&塩。
味見をしながら加えていきます。
好みでOK。
先日のコイの練り物を加え、しばし加熱。
コイ ウドン (26).jpg
なんとなく、やさしい味わい。
濃厚な旨みって感じではない。
だからといって、薄っぺらい味ではありません。
その後、鍋の中にネギやキノコを加えます。
再度、味見をして問題無ければベースは完了。
ん~・・・単なる鍋物です。
これにウドンを加えて喰う訳ですな。
何?単なる鍋じゃないか?
そうですよ、単なる鍋です。
何か悪いんですいかい?
さあ、皮もあるからから揚げでも作りましょうか?
適当に切り、かたくり粉をまぶして揚げる。
コイ ウドン (9).jpg コイ ウドン (23).jpg
塩を軽く振って完成。
コイ ウドン (24).jpg
ウドンの方も、鍋でひと煮立ちしたら完成
コイ ウドン (28).jpg コイ ウドン (1).jpg
さてさて、頂きましょうかね。
まず、皮のから揚げ。
もんぐもんぐ・・・・若干水分が残っとる。
味には特徴が無い。
パリッとさせれば、かたくり粉の香ばしさを感じるビールのつまみだね。
さあ、ウドンは・・・・・
鍋で喰うならそんなにコシはいらない。
程よいんでないかい?
あったまるじょ。
レシピブログに参加しました!
ありきたりかい?

刺身のこと知りたかったら、これを読むべし。
さしみの科学―おいしさのひみつ (ベルソーブックス)

探せば図書館にもあると思うよん。
下記↓から他の家庭料理男の料理のブログが探せます!
料理旨いもん大好きな方は必見!
カテゴリー別になっていて、好みのブログが探しやすいです。
一度ご覧になった方も、応援でクリックしていただけるとうれしいです!
にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ ←クリックしてみなっせ!
皆さんいろんなブログを作成されてます。
参考になりますよ!
本を買うならアマゾン。
中古本(マーケットプレイス)もあり、中には1円~なども。
本屋で買う前に必ずチェックだ!!
検索欄にキーワード入れてGO!

リンクシェアのアフィリエイトなら報酬1円から振込み!そして、振込み手数料も取られません! リスク無しどす!
アフィリエイトならリンクシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です