マガレイの刺身

マガレイの造り (1).jpg マガレイの造り (1).jpg
喰っちゃあいかんのか? へようこそ!
今日の食材は 「マガレイ」です。
関西ではあまりおなじみでないカレイです。
イメージは若干北方系な感じですか。
個人的にはあまり大型の個体を見たことがありません。
20~25cm前後をもっともよく見かける。
地方名もあるようで、今回購入のラベルにも”赤次かれい”の表示がありました。
一度はから揚げなんぞ作って喰ってみたい魚なのですが・・・
薄さと大きさからぴったし・・・のはず。
1枚200~300円程度はするもんで、家族5人分の調達を考えるとやはり割高なのだ。
マガレイはマコガレイに多少似ていますが、体の裏側にやや黄色っぽい部分があるので区別できます。
さて、そんなマガレイですが、やや大きめな個体を発見!
しかもお値段、280円なり。
これは買うしかあるまい。
無論、極上の鮮度は期待しません。
生食できれば良しとしよう。
しかしまあ、カレイやヒラメって白いお腹側を上に向けてパックされていることが多い。
まあ、気持ちは分からんでもない。
表は地味ですからね。
場合によっては、きちゃないと思われるかもしれない。
だったら裏向けといたら?って感じですか?
しかし、買う側からしてみれば鮮度の状態を判断する場合、表の方が分かりやすいんだな。
別にいいんですがね。
さて、早速調理しましょう!
まずはウロコを落とします。
マガレイの造り (5).jpg マガレイの造り (6).jpg
そして、頭をおとして・・・内臓を取り出す。
抱卵してますね。
カレイの卵巣は体の奥へ向かって細長い。
だから引っ張ってもスッポリとは抜けない。
ひとまず、卵巣の入ったまま5枚おろし開始。
卵巣全体が露出されたら、取り出す。
マガレイの造り (8).jpg マガレイの造り (9).jpg
5枚おろしの作業を続けます。
無事におろせました。
この後、あばら骨をすき、皮を引いたら下ごしらえは完了。
マガレイの造り (11).jpg マガレイの造り (12).jpg
あとは、好みに切りつけるのみ。
・・・・でけた。
マガレイの造り (1).jpg 
鮮度バツグンではありませぬ。
なんじゃあこりゃあ?ってことも無い。
で、ではさっそく・・・・・
いっただっきもあ~すぅ。
もんぐもんぐ・・・もんぐ・・・
んまい!
わずかに水っぽさを感じますが、大きな問題ではありませんな。
レシピブログに参加しました!
ありきたりかい?

刺身のこと知りたかったら、これを読むべし。
さしみの科学―おいしさのひみつ (ベルソーブックス)

探せば図書館にもあると思うよん。
下記↓から他の家庭料理男の料理のブログが探せます!
料理旨いもん大好きな方は必見!
カテゴリー別になっていて、好みのブログが探しやすいです。
一度ご覧になった方も、応援でクリックしていただけるとうれしいです!
にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ ←クリックしてみなっせ!
皆さんいろんなブログを作成されてます。
参考になりますよ!
本を買うならアマゾン。
中古本(マーケットプレイス)もあり、中には1円~なども。
本屋で買う前に必ずチェックだ!!
検索欄にキーワード入れてGO!

リンクシェアのアフィリエイトなら報酬1円から振込み!そして、振込み手数料も取られません! リスク無しどす!
アフィリエイトならリンクシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です