生のホタテガイの焼き物

喰っちゃあいかんのか? へようこそ!

今日の食材は 「ホタテガイ」です。
ホタテガイはカキ目イタヤガイ科ホタテガイ属の2枚貝。

そうあのホタテガイ。

もらいものです。

通販で買ったのだとか・・・・
ホタテガイの主な産地は北海道と青森県と岩手県ですな。

今回は、どこ産かは不明じゃ。
まあ、ホタテガイなんて今やどこでも手に入る代物です。

でも、せっかくもらったので、シンプルに焼いてみます。

生食しようかとも思ったのですが、殻が開きっぱなしでやばそうだったので加熱することにしました。
ホタテガイの貝の膨らみは左右対称ではなく片方は深く、片方は浅くなっています。

ひとまずガスコンロにのせ、そのまま焼いてきます。
だんだんと加熱され、ジユウジユウ言っています。

そろそろフタが取れるころかな?
ホタテガイの貝柱は殻の深い方が外れます。

別に、どっちでもいいのにねぇ?

さて、殻をはぎとってみると、結構よごれています。
最初に、殻を開いて洗ってしまった方が良いでしょう。

まあ、細かいことは気にしない。
ある程度、焼けてきたところで醤油とバターを落としました。

2枚目も同様に処理。

焦げた?いやいや、大丈夫さ。
まとめて皿に盛りつけて・・・

完成じゃ。

そ、それでは早速・・・・

いっただっきもぁ~す!
もんぐもんぐ・・・もんぐ・・・・

・・・・普通です。

普通のホタテガイです。
通販で買うほどのものではないような気が個人的にはします。

ただし、びんびんに生きているようなものが手に入るならば話は別か?

ウキッ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です