スーパーで買った巨大なマナマコ

“喰っちゃあいかんのか?” へようこそ!

今日の食材は 「マナマコ」です。
マナマコは楯手目シカクナマコ科マナマコ属のナマコ。

さあ、再びマナマコの登場です。
某スーパーで巨大なマナマコを発見!

そのお値段、980円。
高い・・・高すぎる・・・が、半額だった。

よって、490円なり。
日頃購入しているものからすれば、けっこう高額です。

でもまあ、サラリーマンの昼食代が500円と考えるなら昼食1食分我慢すれば買えるお値段だ。

しかし、魚すら自分でさばくのが嫌な関西人に対して何をしたいのか?
どう考えても買うヤツはいない。

そりゃ半額にでもせんと売れんわな。
というか、半額でも売れ残っとるワイ。

ちょっと小料理屋や居酒屋などでナマコ酢なんか頼んだらチロっと入った小鉢が出てきて480円とか680円とか取られちゃうんだよね。

その金で、このどでかいナマコ1匹買えちゃうんだよね。
小鉢10個分以上はナマコ酢ができるだろう。

なぜ買わないのか?関西人よ。
そのクセ、出来合いのクソ割高な刺身はどんどん買って行く。

関西人はみんなお金持ちだ。
さて、前回同様にナマコをさばいていきます。

今回は、内臓も混ぜてみます。

調理方法は先回と同じなので省略いたします。

 

出来上がった量は下の画像の2.5倍です。

これでもかっ!!ってくらい喰えます。
淡い独特の風味にコリコリとした歯ごたえ、おいちい。

ひたすらマナマコを喰いましたよ。
ちょっぴり幸せじゃ。

んごっ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です