トビウオの握り

“喰っちゃあいかんのか?” へようこそ!

今日の食材は 「トビウオ」です。
トビウオはダツ目トビウオ科ハマトビウオ属の魚。

さあ、トビウオで握り寿司を作りますよ。
以前、酢で〆たトビウオで握り寿司を作りましたが、今回は生のまま握ります。

今回の獲物は398円の半額を下回る133円だ。
67%引きなり。

売れないんだねぇ。
本当に関西人ったら、少しは魚について学んだら?

まあ、おかげで67%引で購入できた訳ですがね。
何事も経験の積み重ねなのにねぇ。

頭を落としてぇ~・・・・、ウロコとってぇ~・・・お腹出してぇ~・・・アラは捨てといてぇ~・・・

そんなんだからねぇ。
そりゃあ丸で魚を扱わない訳だあね、売る方も。

ホント、鮮度とか気にならないのかねぇ?
アラはダシに使わないのかねぇ?

関西はダシとソースの町。
ダシとソースと食品添加物が大好き。

ダシと言えば本○シかい?
ダシ入り味噌なんか使うんかい?

平気で子供に喰わすんかい?
まあ。おいらの知ったこっちゃあ無いですがね。

さあ、今回も島根県産だ。
まずはウロコ落として、頭を落とします。

3枚におろして、握りやすいように適当に切り付けます。

すし飯と握っていけば完成。

まあぁ、なんて簡単なんでしょう!!
こんなことすらしない関西人。

おいらを巻き込むのはヤメテね。
おかげで、丸魚が手に入らんで困る。

勘弁してくれや。
そんなに調理が嫌いなら魚買わなきゃあいいのに。

さ、さっそく頂きましょう!
もんぐもんぐ・・・・・・・んまいっ!

トビウオは、ねっとりした食感が身上だね。
刺身で喰うより握り寿司にした方が良いでしょうな。

あ、ちなみにこのトビウオおよび調理は7月に行ったものです。
悪しからずぅ~

なんじゃぁ?
文句あんのかぁ?

それではまた。
良い子は、魚は自分で調理しましょう!

んごっ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です