ハリセンボンの味噌汁

“喰っちゃあいかんのか?” へようこそ!

今日の食材は 「ハリセンボン」です。
ハリセンボンはフグ目ハリセンボン科ハリセンボン属の魚。

今回は、ハリセンボンで味噌汁を作ります。
いやあ、とある漁港でハリセンボンが釣れた。

喰うべきか?喰わざるべきか?
やっぱり喰うよね?

喰わんか?
さて、このハリセンボン。

捌くのがつらい。
その名を表すこの突起たち。

鋭利ではありませんが、決して柔らかくはありません。
今回は、自宅での調理なりますから道具が使えます。

ハサミでも使いましょうか?

チョキチョキ・・・・
あいたたた・・・それでも時折刺さります。

さて、無事に解体完了。
はれぇ~・・・喰うとこ無いな。

で、ぶつ切りにしてナベで煮て、味噌を溶かし込めば完成。

 

下ごしらえ以外は超簡単。
さ、ねぎでも散らして頂きましょうか?

ずぴぴぴぃ~・・・普通か?
ダシは出ているが、癖が無い。

というか、特徴がない。
でも、決してまずくは無い。

いや、どちらかといえば旨いのだろうか?
好んで捕獲に行くほどのものでもなく、出されて拒否するようなもんでもない。

感想を聞かれれば、おいしかったです。って感じだね。
わからん?

ふんっ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です