クロメジナの刺身

“喰っちゃあいかんのか?” へようこそ!

今日の食材は 「クロメジナ」です。
クロメジナはスズキ目メジナ科メジナ属の魚。

クロメジナと言っても、木っ端グレです。
今回の獲物も高知県は室戸岬周辺の漁港で調達したものです。

小さくったって、クロメジナ。
旨いに違いない。

釣ったクロメジナをフラシに入れて、一晩生かしておきました。
いやあ、強い魚のようで死者なし。

みんな元気だ。
持ち帰るため、1匹ずつ〆る。

これが、素人の強みだ。

効率度外視、小物でも〆る。
丁寧に持ち帰ることが出来る。

さあ、今回は自宅にて調理だ。
数的には、15匹程度を刺身にします。

〆てから5~6時間経過。
早速捌こう!

小さい分やりにくいが、問題なく刺身としてとれます。
ちりも積もれば山となる。

まさにこの事か?
小皿にてんこ盛りです。

さあ、それではいっただっきもあぁ~すぅ。
もんぐもんぐ・・・ん、プリプリしています。

持ち帰る直前で〆た効果が出ています。
結構美味しい・・・が、小型の個体は脂があまり乗っていませんな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です