ウナギの骨のカラアゲ

“喰っちゃあいかんのか?” へようこそ!

今日の食材は 「ウナギ」です。
ウナギはウナギ目ウナギ科ウナギ属の魚。

ウナギと言っても 「ウナギの骨」のお話。
骨?そう骨です。

そういえば蒲焼業者はどう処理しているんでしょうね?
昨今、ウナギの産地偽装の話題で賑わっていますね。

見た目でも味覚でも判断できないんでしょう。
自分で釣るか、自分で育てるかしかアリマセンかね?

今回は、たまたま近所のスーパーでウナギの骨が売っていましたので、それをカラアゲにします。
お値段280円。

高いのか?安いのか?
分からんですな。

通常は廃棄なんでしょう。
ウナギ屋ならタレのダシの材料にても使用するか?

といった程度でしょうか?
280円はきっと高めですな。

いたしかたなし。

単にカラアゲですが、食材は下ごしらえが命。
ハブラシなどを使用し、血なまぐさい部分をキレイにしていきます。

おおぉ・・美しくなったぞ。
さて、軽く塩を振り2~3時間陰干しにします。

カラアゲにしてから塩を振るだけでもよさげですが、やはり塩を振ってから干したほうが美味しく仕上がる気がします。

陰干しが終ったら、適当な大きさにカットし2度揚げします。
素揚げでOKです。

ちょっとお味見・・もちょっと塩味いるかな?
軽く塩を振ります。

さて、でっきあっがりぃ~~っと。
ポリポリ・・・ポリ・・んまいっ!

ビールに良く合います。
子供にも好評だよん。

ウキッ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です