ボラのヘソの串焼き

“喰っちゃあいかんのか?” へようこそ!

今日の食材は 「ボラのヘソ」です。
ボラはボラ目ボラ科ボラ属の魚。

昔は、そろばん玉などとも呼ばれていたような気がしますが、最近はあまり聞きませんね。
さて、このボラのヘソは胃の一部?でよく筋肉が発達しており美味しく頂くことができます。

当然ながら、ボラ一匹につき一つしか取れません。
たくさん食べようと思えばたくさんボラを調達する必要があります。

今回、取り出したボラのヘソは6個。

6個ってあんた・・6匹も調達したのかい?
ああ、そうさ文句あっか?

あうあうぅ~~~~~!!

さて、早速ボラのヘソを調理していきましょう。
まずは、半分に割ります。

中には、泥のようなものがたくさん詰まっていますのでこれを取り除き、きれいに洗います。
間違っても、丸いまんま調理してはいけません。

このボラのヘソ、生食も可能ですが今回は焼き鳥のごとく串にさして焼いていきます。
きれいに洗い終わったら、適当な大きさに切り串にさしてきます。

 

軽く塩・こしょうを振ったら、魚焼きグリルで焼きます。
はいはい・・・焼き上がりました。

どんなお味かな?
それでは、いっただっきもあぁ~すぅ。

もんぐもんぐ・・・
ほとんど、砂肝と同じ食感だね。

ざくざくとした歯ごたえで、クセのない味だ。
皆さんも是非お試しくださいませ。

ウキッ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です