カサゴの塩焼き

”喰っちゃあいかんのか?” へようこそ!

今日の食材は 「カサゴ」です。
カサゴはスズキ目メバル科カサゴ属の魚。

またかい?
そう、またです。

何か?何か悪いんですかい?
さて、今回は塩焼きです。

なに?シンプルすぎる?
いいじゃないですか。

では早速。

カサゴはウロコを落とし、エラと内臓をツボ抜きします。
その後、体側に包丁を入れておきます。

魚は焼くと皮が縮みます。
手を加えないと、周辺から皮が引きちぎれたりします。

それを防ぐために包丁を入れておきます。
塩を振り、しばらく寝かせます。

おおよそ30分程度でしょうか?
改めて軽く塩を振り、焼いていきます。

さあ、焼きあがりましたよ。

なに?盛りつけに色気がない?
いいじゃん別に。

味は変わらん。
ま、こぎれいに越したことはアリマセンがね。

見た目も大切ちゃあ大切。
お店でこの状態で出てきたら怒りますわな。

しかし、ここは一般家庭なので許してくだせえ。
さて、それではいっただっきもあぁ~すぅ。

もんぐもんぐ・・・もんぐ。
・・・・・んまいっ!

皮目は香ばしく、身肉はしっとりと。
また、しっかりとした味わい。

塩焼きにすると意外に美味しいお魚たち。
それは、カサゴ、アイナメ、マコガレイ。

なぜか?あまり焼き魚としての認識の薄い魚たち。
まあ、美味しいといっても個人的見解ですが。

もちろん、季節によって味わいは変化します。
お試しあれ。

ウキッ!

刺身のこと知りたかったら、これを読むべし。
さしみの科学―おいしさのひみつ (ベルソーブックス)
探せば図書館にもあると思うよん。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です