宗田かつお

“喰っちゃあいかんのか?” へようこそ!

今日の食材は 「宗田かつお」です。
お土産にもらいました。

”宗田がつお”じゃあないのか?
いや、違う”宗田かつお”って書いてあるもん。

商品名なんだから「か」でも「が」でもどっちでもいいじゃないか!

そんな事言いだしたら、「ソウダガツオ」じゃなくて「マルソウダ」か「ヒラソウダ」じゃないかっ!って事になるぞ?

小さい事を気にするなっ。
ケツの穴のミクロなやつだな。

あんましケツの穴が小さいと便秘になっちまうぞ!
何?既に便秘じゃと?

へ?ケツの穴も小さくない?
頑張れ・・・・

過去、土佐の生節など頂きましたが基本的にパサつく感じで乾いたシーチキン的な味わいだった。

通常のカツオですらそうなのに、宗田かつおだったらいったいどんな味に仕上がるのか?

パッケージにはさりげに「MARUSOUDA」の表示が。
そうか、マルソウダなんだ。

そして、「化学調味料無添加」とある。
原材料名を見ると・・・・

ソウダカツオ、しょう油、砂糖、食塩、酵母エキス(原材料の一部に大豆、小麦を含む)
とある。

あら?着色料も保存料も使ってないじゃん。
優秀じゃあないか。

さあ、それでは頂いてみましょうか?
もんぐもんぐ・・・・

ほう・・・んまいな。
意外としっとりしている。

パサパサしてない。

やや濃い味付けなのは保存性を上げる為かな?
でも比較的おいしい。

高知に行くとソウダガツオはメジカと称して安く販売されています。
それこそウン十円/匹(無論、場合による)です。

身近な魚なのですねぇ。
まさに大衆魚。

きっと、このお土産もお手頃価格なのでしょう。
お酒のおつまみに最適!

「おいっ!コイツをつまみ出せっ!」

いや、違う・・・

「おいっ!コイツにつまみ出せっ!」

と、言われたら出してあげよう~

1文字違いでこんなに違うんだねぇ。

ウキッ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です