ヒラスズキの刺身 (屋外編)

下之加江川産 ヒラスズキの刺身 (1).jpg 下之加江川産 ヒラスズキの刺身 (6).jpg
喰っちゃあいかんのか? へようこそ!
今日の食材は 「ヒラスズキ」です。
今回もまた高知県産です。
そう、今回も高知へ遠征中に釣れたものです。
獲物はほぼ淡水域に侵入してきた個体。
とある河川の潮止堰堤。
干満の影響をぎりぎり受けるか否か?
そんな環境。
途中には浅場があり、恐らく満潮時にしか上って来れない。
さて、淡水域に進入したヒラスズキは旨いのか?
喰ってみるのだ。
時期は9月前半。
2010年の9月前半は非常に暑かった。
はっきり言って、夏そのものだった。
早朝に釣獲したヒラスズキをその場で〆て足元に転がす。
その後、クーラーBOXにて保管。
捌くまでの時間は〆てから2時間半。
下之加江川産 ヒラスズキの刺身 (7).jpg
遠征中は車中泊の為、キャンプ用の施設?を拝借し調理。
ウロコを引き、内臓を出す。
胃の中には小型の淡水魚が・・・・
高知遠征10.09 (6).jpg
確実に淡水魚を捕食しているのだ。
へぇ~わざわざねぇ、淡水に進入してまでねぇ。
そして、頭を落とし3枚におろす。
下之加江川産 ヒラスズキの刺身 (3).jpg
腹骨をすき、皮を引く。
下之加江川産 ヒラスズキの刺身 (4).jpg 下之加江川産 ヒラスズキの刺身 (5).jpg
体側の骨をそぎ取れば、サク取り完了!
何?いつもと変わらん?
そりゃ同じです。
で、頭は2つに割り、アラとともにキッチンペーパーへ巻きジップロックへ。
下之加江川産 ヒラスズキの刺身 (2).jpg
クーラーBOXで保存するだ。
このジップロック、封ができるので水が浸入しないのが良い。
時折、魚の背びれなんぞで穴が開いていて気づけば水浸し・・・
な~んてこともある。
サク取りしたヒラスズキを適当に切りつけ、ハンゴーのフタに盛る。
下之加江川産 ヒラスズキの刺身 (1).jpg
水っぽくならないよう、キッチンペーパーを引くのがコツだ。
ドリップを吸収してくれます。
一旦、ラップしてクーラーBOXにて保存。
そして、お昼どき。
さあ、頂きましょうか?
時刻は12:00すぎです。
釣獲してから8時間が経過。
それでは・・・
いっただっきもあぁ~す!
もんぐもんぐ・・・
んまいっ!
脂の旨みではなく、白身魚の風味と味わい。
淡水域での捕獲でも特に変わった点は無い。
ま、淡水域にはお食事に来ただけだろうから影響が少ないのかもしれない。
レシピブログに参加しました!
ありきたりかい?

刺身のこと知りたかったら、これを読むべし。
さしみの科学―おいしさのひみつ (ベルソーブックス)

探せば図書館にもあると思うよん。
下記↓から他の家庭料理男の料理のブログが探せます!
料理旨いもん大好きな方は必見!
カテゴリー別になっていて、好みのブログが探しやすいです。
一度ご覧になった方も、応援でクリックしていただけるとうれしいです!
にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ ←クリックしてみなっせ!
皆さんいろんなブログを作成されてます。
参考になりますよ!
本を買うならアマゾン。
中古本(マーケットプレイス)もあり、中には1円~なども。
本屋で買う前に必ずチェックだ!!
検索欄にキーワード入れてGO!

リンクシェアのアフィリエイトなら報酬1円から振込み!そして、振込み手数料も取られません! リスク無しどす!
アフィリエイトならリンクシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です