鳥の胸肉の練り物

”喰っちゃあいかんのか?” へようこそ!

今日の食材は 「鳥の胸肉」です。
ニワトリはキジ目キジ科ニワトリ属の鶏。

あんまり旨くないですなぁ、鳥の胸肉。
パサパサしていて、脂もなくて。

しかし、値段はかなり安い。
鳥の肉としては一番安い部位だ。

たんぱく質ではあるよな。
以前のボラカマ同様、カマボコ風にならんかな?

肉でやったらソーセージ風か?
早速やっみるだ。

今回の獲物は、100g39円だ。

フン!まあこんなもんか?
皮を取り除き刻んだ後、包丁でたたきます。

 

こんな時はフードプロセッサーが欲しいと思いますな。
そして、すり鉢へ入れさらに細かくしていきます。

今回も3%の塩を加えます。

 

そして、よくすります。

すっていく内に透明感が出てきます。
そして、粘りもでてきます。

いい感じか?
ちょっとフライパンで焼いてみる。

 

で、喰ってみる。

むしゃむしゃ・・・ん?
この食感は・・・・・・チキンナゲット。

旨いんでないかい?
つなぎゼロだが、ちゃんと結着しとる。

おおぉ~ちょっち感動。
しかし、塩分3%は少し塩辛い。

いや、もちっと塩辛い。

が、ひとまずこのままフライパンで焼きませう。
出来上がりはこんな感じ。

 

 

切り口は練り製品のようだ。
しかし、歯で噛むとその食感は・・・やはりチキンナゲット。

カマボコほどには結着しないようだ。
ついでに、餃子にしてみた。

 

餃子の具としては・・・・硬いな。
そのままでは向かないね。

今度やるときは食感を柔らかくする工夫が必要か?

ウキッ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です