ジンドウイカの握り

“喰っちゃあいかんのか?” へようこそ!

今日の食材は 「ジンドウイカ」です。
ジンドウイカはツツイカ目ヤリイカ科ジンドウイカ属のイカ。

今回の獲物はスーパーで”ヒイカ”の名称で販売されていました。

ヒイカという名前は標準和名ではないようです。
ジンドウイカだったり、ベイカだったりその他のイカだったり・・・

まあ、一般的に言うところの総称ですな。
今回はジンドウイカと言う事にするっ!

何よっ!
文句あるの?

文句のあるヤツは海に向かって叫びなさい!
何?海が無いじゃと?

じゃ、じゃあ、山に向かって叫ぶのじゃぁ!
へ?恥ずかしいからイヤ?

じゃあ黙っていなさい。
このバカちんが。

さて、このイカ。

今まで買ったことが無かった。
が、今回は半額だったので買ってみた。

結構高いんですな。
1パック398円?

高っかいなあ~・・・
だったらスルメイカ4杯買うワイとなる。

さて、今回も1パック398円ですが、半額の199円じゃ。
さあ、この小さいイカちゃん、生で喰えるのか?

さっそく試してみるだよ。
今日は握り寿司にしてみよう。

こやつ、小さいが故にめんどくさそう。
まずは頭を引っぱって、内臓を引き抜きます。

そして、背骨を抜く。

こんなに小さくたってやっぱりイカです。
背骨があるんですな。

そして、胴体の皮を剥ぎとり、

キレイに洗います。

胴体は開いて、頭から足の部分は軽く塩水でボイルします。

冷水で冷却。

さて、水気を取ってネタの準備は完了。

あとは握っていくのみ。
頭の部分は海苔で帯をします。

固定できないですからね。
胴の部分を少しそのまま頂く。

もぐもぐ・・・・意外と歯ごたえがあります。
小さいからヘニョヘニョかと思いましたが、コリコリしています。

へえぇ~ふぅ~ん・・・
さあ、握りの感触のほうは・・・シャリとあんまりなじまないねぇ。

何らかのひと手間が必要だね。
まあ、ひとまず出来上がったよん。

そ、それでは早速・・・
いっただっきもぁ~す!

もんぐもんぐ・・・・もんぐ・・・

んまいっ!
お味はなかなかのもんだ。

足の部分も胴の部分も申し分なし。
小さくたって、捨てたもんじゃあないな。

さあ、みんなもジンドウイカを見つけたら握ってみるのじゃぁ~
あ、いや、握るのはソコではない・・・

んごっ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です