スズキの昆布〆

”喰っちゃあいかんのか?” へようこそ!

今日の食材は「スズキ」です。
スズキはスズキ目スズキ科スズキ属の魚

播州は赤穂産です。

年中スズキを喰っていますが、個人的には初夏のスズキが一番旨いと思いますな。
まあ、漁獲した海域や地域にもよるのでしょうが。

スズキはボラ同様に汽水域を好みます。

その為か?海域の水の影響を受けやすく、汚れた海域のスズキははっきり言ってマズイ。

その水質の味がするとでも申しましょうか?
魚売り場に並んでいるスズキは一体どんな環境のものを漁獲してきたのか?

不明じゃ。

さて、今回は自分で釣獲してきたスズキです。

見た目は良さげでしょ?

河川内での釣獲ですからそんなに絶品とは行きませんが、少なくとも淀川産ではありません。

刺身では喰い飽きた?ので、今回は昆布〆にしました。
果たして旨いのか?

スズキは脂肪分の少ない魚という位置付けです。
知らん?

まずは、スズキを3枚におろします。

おろし方はココを参照。

今回は、尾側の部分を使用します。
皮をすき強塩をして2~3時間放置。

水が出ます。

そりゃあ、脱水の為でもありますからね。
その後、清酢で軽く洗います。

そして、清酢に漬けさらに2時間程度放置。

その後、清酢で少しふやかした昆布に挟んでまたまた放置。

発砲トレイと輪ゴムを使用し、少し負荷をかけます。

ああ、放置プレイの連発です。
せっかちさんには出来まへんなっ。

ここから、食事の時間までおおよそ半日くらいか?
なんだか食欲をそそらない色合いです。

切りつけて、皿に盛り付けます。
で、でけたど。

で・・では・・さっそく・・・
いっただっきもぁ~す!

もんぐもんぐ・・・もぐもぐ・・・?

ほう・・こりゃあ・・・意外と・・・・
んまい!

脂の旨みはありませんが、やや締まった身と白身魚の味わいに昆布の旨みが加わり、美味しい。

ワサビ醤油とも良く合うね。
こりゃあ、今後はたくさん釣れたら一部は昆布〆で決まりだ。

さあ、みんなもスズキが釣れたらやってみるのじゃぁ~

ウキッ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です