マイワシとウルメイワシの刺身

“喰っちゃあいかんのか?” へようこそ!

今日の食材は 「マイワシとウルメイワシ」です。
マイワシはニシン目ニシン科マイワシ属の魚。
ウルメイワシはニシン目ニシン科ウルメイワシ属の魚。

同じイワシと名がつく魚でも分類は異なるのである。
ふんっ!

今回、マイワシ買ったらウルメイワシが混ざっていた。

らしい。
かみさん曰く。

1匹70~80円ってところ。
さすがに千葉県。

マイワシの漁場が近いからか?
関西に比べ格段に良いマイワシが入手しやすい。

イワシの刺身って美味しいですよね?
しかし、子供の天敵「小骨」が多いんです。

ウルメイワシの方がより顕著。
今回はより薄く、細く切りつけることにしよう。

まずは真水で良く洗います。
その後、ウロコを取り除きます。

 

ウルメイワシの場合、流通過程でほとんどウロコの無い状態になっています。
マイワシは残っている場合が多い。

逆にウロコがまったく残っていないものは購入しない方が良いかも。
きれいになったらいつものように頭を落として内臓を出し、きれいに洗います。

 

3枚におろし・・・

腹骨をそぎ落としたら、包丁の背で皮を引きます。

手でも剥けますよ。

全部終わったら、キッチンペーパーなどで水気を良く取り除きます。
薄く細く切りつけ、皿に盛りネギなんぞ散らせば完成。

で、ではさっそく頂きましょう!
もんぐもんぐ・・・んまい!

ガキどもの反応は?
・・・・美味しい・・と言うとります。

ま、何らかの形で骨を切断すれば、骨がのどに引っ掛かったあぁ~ってことは少なくとも無くなります。

んごっ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です