ぶた白もつ(ゆで)

ブタ白もつ  (5).jpg ブタ白もつ  (4).jpg
喰っちゃあいかんのか? へようこそ!
今日の食材は「ぶた白もつ(ゆで)」です。
ぶた白もつは関東では普通に見かける食材。
食習慣の問題か?西~九州~四国地域ではあまり見ない。
気付いていないだけか?
関東以北で利用が盛んなのだろうか?
さて、そんなぶた白もつ、何か旨く喰える方法は無いものか?
今回調達したぶた白もつは1Kg、780円&2割引き。
624円なり。
ブタ白もつ.jpg
グラム62.4円。
安いのか?のその価値が良くわからないので判断しかねるな。
しかしまあ・・・1kgも買っちったよ。
保存食的なものでも作るか?
弁当のおかずにでもなればいいかの?
さ、それでは調理しましょうか?
まずは、よっく洗います。
そして、よっく水気を切ります。
中華なべにわずかに油を引き、炒める。
ブタ白もつ  (6).jpg
水が出てきますな。
これを丁寧に取り除きます。
最終、キッチンペーパーなどで吸い取る。
コショウを加え、さらに炒める。
ブタ白もつ  (1).jpg
多少焦げ目がついてきたら水を加えます。
煮立ってきたら、アクをすくいながらしばらく煮込みます。
ブタ白もつ  (2).jpg
30分くらいかな?
その後、調味料を投入。
今回は、一味唐辛子、塩、醤油、砂糖、みりんをまず投入。
一味唐辛子は大量に入れてみた。
ぼくちん大人だから辛いのが好きなんでち。
そして味見。
・・・・・むむむ。
何か加える必要があるな・・・・・
味噌でも入れるか?
味噌をとき入れる。
ほぼ、味は整ったか?
ブタ白もつ  (3).jpg
ぶた白もつの煮込み、味噌風味?ってとこかの。
それでは、頂いてみましょうか?
もんぐもんぐ・・・・普通だな。
すんげえ旨いもんでもない。
が、普通に喰えるな。
さて、翌日。
ブタ白もつ  (4).jpg
冷めた「ぶた白もつの煮込み、味噌風味」。
弁当に入れてみた。
冷めると、調味料がもったり絡み付き、若干くどい。
そして、冷たいご飯には合わんな。
数日後・・・・ううう・・・うっ!
ちょっち匂うな。
1kgも作ったというのに・・・・
まだたんとある。
やべぇ。
ぶた白もつをなめてた。
このまま捨てる訳にはいかねぇ。
さて、どうすべ?
まずは洗うか?
大量のお湯を沸かし、投入!
・・・現在、ぶた白もつ入浴中なり。
ザルに上げ、流水で良く洗う。
はあぁ~さっぱりした。
やはりニオイをごまかす?ならカレー粉か?
中華なべで炒めながら、カレー粉を振る。
軽く塩で味を調える。
で、味見・・・・イケテナイな。
いっそ、カレーにしちまうか?
タマネギの千切りを加え、炒める。
水を加え、沸騰した所でカレールー(市販品)を加え煮込む。
1日寝かす。
なぜ?それはね、もう深夜だから寝るの。
翌日の夕食。
普通のカレーライス同様に・・・・・
ブタ白もつ  (5).jpg
いっただっきもあぁ~す!!
もんぐもんぐ・・・もんぐ・・・・
ほっ?んまいっ!
ありゃ?旨いでないかい。
大量にあったカレーは数回の食事で無くなりましたとさ。
でも、こねくり回したから同じ味わいを再現するのは難しいな。
まさか、「ぶた白もつの煮込み、味噌風味」から作り始める訳にもいかんだろう?
ストレートにぶた白もつを使用してカレーを作ったら旨いのか?
それは・・・・・疑問だな。
レシピブログに参加しました!
ありきたりかい?

刺身のこと知りたかったら、これを読むべし。
さしみの科学―おいしさのひみつ (ベルソーブックス)

探せば図書館にもあると思うよん。
下記↓から他の家庭料理男の料理のブログが探せます!
料理旨いもん大好きな方は必見!
カテゴリー別になっていて、好みのブログが探しやすいです。
一度ご覧になった方も、応援でクリックしていただけるとうれしいです!
にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ ←クリックしてみなっせ!
皆さんいろんなブログを作成されてます。
参考になりますよ!
本を買うならアマゾン。
中古本(マーケットプレイス)もあり、中には1円~なども。
本屋で買う前に必ずチェックだ!!
検索欄にキーワード入れてGO!

リンクシェアのアフィリエイトなら報酬1円から振込み!そして、振込み手数料も取られません! リスク無しどす!
アフィリエイトならリンクシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です