ウミタナゴのカラアゲ

ウミタナゴ2011 (14).jpg ウミタナゴ2011 (2).jpg
喰っちゃあいかんのか? へようこそ!
今日の食材は「ウミタナゴ」です。
ウミタナゴ・・・何十年ぶりだろう。
海のルアー釣りをメインとし、時折小物のエサ釣りをしているんだが。
なかなか出会わなかった・・・・
あああぁ、運命の再会?
魚売り場で出会うことも無く、おいらの仕掛けに掛かることも無く。
一体どこに行っていたんだぁ・・こいつぅ~!!
ウミタナゴ2011 (1).jpg
このウミタナゴ、口元の黒い点がホクロのようで何とも色っぽい。
全部オナゴに違いないっ!!
んな事ないか?
さて、このウミタナゴ、複数の種類が存在するようなのだ。
ウミタナゴ、アカタナゴ、アオタナゴ、オキタナゴ、マタナゴ。
つい、最近までウミタナゴとオキタナゴの2種類だと思い込んでいた。
しかしまあ・・・おいらには特定不可能じゃ。
よって、今回はウミタナゴとする。
型は小さいんだな。
だから、カラアゲ。
何?芸が無い?
じゃあ、どうすんだよっ!
言ってみろいっ!
さあ、かわゆいウミタナゴちゃんを紹介しよう。
はい、背鰭。
ウミタナゴ2011 (3).jpg
はい、尾鰭。
ウミタナゴ2011 (6).jpg
はい、胸鰭。
ウミタナゴ2011 (5).jpg
はい、腹鰭。
ウミタナゴ2011 (7).jpg
はい、尻鰭。
ウミタナゴ2011 (4).jpg
どうだい?
誰か何タナゴか分かったかい?
とりあえず、ウロコを落とします。
そして、エラを取り出します。
ウミタナゴ2011 (10).jpg
小型のペンチ?を使用してみました。
だって、取りにくいんだもん。
結構いけるど。
便利じゃ。
その後、腹を切り内臓を取り出し良く洗う。
ウミタナゴ2011 (11).jpg
下ごしらえ完了!
ウミタナゴ2011 (9).jpg
今回は、つけ汁に漬けてみた。
市販品じゃあないぞ。
醤油、砂糖、みりん、塩。
それだけさ。
ウミタナゴ2011 (12).jpg
時折、たっぽん、たっぽんと上下を入れ替えながら2時間くらい漬け込む。
そして、かたくり粉をまぶし、揚げる。
ウミタナゴ2011 (13).jpg
おっし、揚がった。
ウミタナゴ2011 (14).jpg
完成じゃ。
頂きますかね?
さて、さて・・・もんぐもんぐ・・・
うむ、普通じゃ。
身はややしっとりしており、クセもなく美味しい。
しかし、これがウミタナゴだっ!!って味わいが無い。
そして、骨が結構硬い。
たいがいの魚は多少骨があってもゴリゴリ喰っちまいますが・・・
身がしっとりしている事もあいまって、小骨を感じるのだ。
こりゃあ、一般人には向かないだろうねぇ。
やはり18~20cmくらいの大きな個体が望ましいね。
塩焼きや煮つけは旨かった記憶がある。
季節にもよるんでしょうが。
レシピブログに参加しました!
ありきたりかい?

刺身のこと知りたかったら、これを読むべし。
さしみの科学―おいしさのひみつ (ベルソーブックス)

探せば図書館にもあると思うよん。
下記↓から他の家庭料理男の料理のブログが探せます!
料理旨いもん大好きな方は必見!
カテゴリー別になっていて、好みのブログが探しやすいです。
一度ご覧になった方も、応援でクリックしていただけるとうれしいです!
にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ ←クリックしてみなっせ!
皆さんいろんなブログを作成されてます。
参考になりますよ!
本を買うならアマゾン。
中古本(マーケットプレイス)もあり、中には1円~なども。
本屋で買う前に必ずチェックだ!!
検索欄にキーワード入れてGO!

リンクシェアのアフィリエイトなら報酬1円から振込み!そして、振込み手数料も取られません! リスク無しどす!
アフィリエイトならリンクシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です