ウミタナゴの塩焼き

ウミタナゴの塩焼き (3).jpg ウミタナゴの塩焼き (1).jpg
喰っちゃあいかんのか? へようこそ!
今日の食材は「ウミタナゴ」です。
今回は塩焼きにします。
シロギスの塩焼きも絶品だが、このウミタナゴの塩焼きも絶品だった記憶があるのだ。
今回はそれを再認識するのだ。
無論、季節的な問題もあるのですが・・・・・
昔の事など憶えちゃいない・・・事も無い。
秋だったな、確か。
よって同じ土俵での比較ではござりませんが、イインデス。
なぜなら、ここにウミタナゴがあるから。
それだけさ。
なんじゃ?
文句あんのか?
塩焼きなので、調理そのものはシンプルだ。
ウロコを落とし、エラを取り除く。
そして、内臓を出す。
見た目を少しキレイにしたい場合、飾り付ける反対側に包丁を入れる。
ウミタナゴの塩焼き (2).jpg
はい、あとは塩を振って焼くだけ。
でけた・・・・・
ウミタナゴの塩焼き (3).jpg
早速頂く・・・
もんぐもんぐ・・・・もんぐ・・・
んまいっ!
んまいじゃあないか。
刺身では殆ど感じなかったウミタナゴならではの風味。
塩焼きでは十分に感じられる。
こりゃあ旨いど。
ちと小さいのが難点じゃな。
”え~小骨のある魚ってぇ~食べにくいしぃ~・・”ってやつは喰わんでよろしい!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です