スルメイカの肝あえ

”喰っちゃあいかんのか?” へようこそ!

今日の食材は 「スルメイカ」です。
スルメイカはツツイカ目アカイカ科スルメイカ属のイカ。

今回はスルメイカの肝あえを作ります。

ちなみに、知っているかとは思いますがスルメイカは1杯100円を中心とし、これを切ると安い、超えると高い。

大きさや鮮度にもよりますがね。

地域にもよるのか?

そして、「お刺身になります」なんて表示すること自体おかしい。

おいらに言わせれば、「刺身にならんような鮮度の低いもんを鮮魚で売るな!」となる。

刺身で喰えて当たり前。

さて、本題に戻ろう。

まずは通常通りスルメイカをさばき、肝を丁寧に取り出しますよ。

はい、肝です。

スルメイカの肝は大きいですね。

この肝を裏ごしします。

まずは適当にカット。

裏ごしし、スダチの皮を少し削り入れスダチの果汁も絞り入れ、味を見ながら醤油を入れ味を整えます。

さばいたスルメイカを好みの形にカットし、ネギを小口切りにしたものと混ぜあわせます。

その後、スルメイカの肝を裏ごししたものを加えてあえていきます。

まんべんなく混ざったら、再度ネギを散らし周辺にきゅうりの細切りをあしらいます。

出来上がったら、加えた塩分でネギがしならないうちにいただきます。

それでは早速、いっただっきもあぁ~す!

もんぐ・・もんぐ・・・んまいっ!

お酒のあてに最適!

寝かせる前のイカの塩辛みたいなもんか?

ウキッ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です