マダラの水炊き

”喰っちゃあいかんのか?” へようこそ!

今日の食材は 「マダラ」です。
マダラはタラ目タラ科マダラ属の魚。

マダラを水炊きにします。
水炊きですから、特に変わった点はございません。

コブだしでもとって水炊きで頂くだけ。
スーパーではマダラは切り身でしか見かけません。

きっとフィーレ状のものを仕入れているから、頭もアラも無いのでしょう。
鍋にするなら、アラは必須かと思いますがねぇ。

切り身だけで鍋しても味気ない。
勿論、おいらは骨も頭も鍋にぶち込みます。

そして漬け汁くらいは多少工夫します。
せっかく肝がありますから、使用しましょう。

と、言ってもボイルした肝を醤油とともにフードプロセッサーにかけるのみ。

 

みりんを入れてもいいでしょう。
子供がいなけりゃピリカラ系もいいかも。

旨いよん。

ボイルした肝をハシで潰してもいいですが、混合度合いを考えるとフードプロセッサーだ。
さあ、鍋も煮えてきました。

 

さっそくいただきましょう!

ハッフゥ、ハッフゥ・・もんぐもんぐ・・・んまいっ!
マダラの切り身も野菜も豆腐もこの肝醤油がなんともんまい。

ちなみに、胃袋は硬い。

ゴリゴリって感じですか?
水炊きには不向きかもね。

刺身のこと知りたかったら、これを読むべし。
さしみの科学―おいしさのひみつ (ベルソーブックス)

探せば図書館にもあると思うよん。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です